12月14日は何の日?12月14日の記念日・出来事などをまとめました!

南極の日

2019年1月29日

「12月14日は何の日?」ということで、12月14日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の12月14日の六曜・お日柄も掲載しています。

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】12月14日の日本の記念日

討ち入りの日(忠臣蔵の日)

討ち入りの日(忠臣蔵の日)

元禄15年(1702年)12月14日、47人の赤穂浪士が吉良上野介(吉良義央)邸討ち入り(通称:赤穂事件)を行った日です。

この日は兵庫県赤穂市において、「赤穂義士祭」や、吉良邸跡地である両国・本所松坂町公園と赤穂浪士の墓所泉岳寺において義士祭が行われます。

 

【記念日・世界】12月14日の世界の記念日

南極の日

南極の日

1911年12月14日、ノルウェーの探検家であるアムンゼンと4人の隊員が、人類史上初めて南極点に到達したことを記念した日です。

ちなみに、南極に昭和基地が開設された記念日は1月29日で、北極の日は4月6日と定められています。

 

 

スポンサードサーチ

【歴史】12月14日に起きた出来事・事件

全米自動車競争協会(NASCAR)創設

全米自動車競争協会(NASCAR)創設

1948年12月14日、アメリカ合衆国で最大のモーターズポーツ統括団体である「NASCAR(National Association for Stock Car Auto Racing, 全米自動車競争協会)」が設立されました。

20世紀前半にはアメリカ中部以南でアマチュア自動車レースが行われるようになっていて、フロリダ州のデイトナ・ビーチでは各地の実力者が集ってマシンと腕を競い合うレースが開催されるようになっていました。

この自動車レースの取り決めや仕切りを行うために、NASCARが誕生しました。

 

全日空機淡路島空中接触事故

全日空機淡路島空中接触事故

全日空機淡路島空中接触事故は、1969年12月14日に発生した日本初の定期旅客機による空中接触事故です。

伊丹空港を離陸し、松山空港に向かっていた「全日本空輸547便」と、伊丹空港からテスト飛行を行っていたビーチクラフト機が、11時22分ごろに空中で接触しました。

事故原因は両方の注意不足ということですが、事故による負傷者はいませんでした。

 

豊川信用金庫事件

豊川信用金庫事件

1973年12月14日に発生した、誤報・デマによる取り付け騒ぎ(銀行から預金や貯金を引き出そうと預金者が銀行に殺到し、混乱する騒動)です。

事件の発端は1973年12月8日、国鉄飯田線の列車内で女子高生が、豊川信用金庫に就職が決まった同級生Aに対して「信用金庫は(強盗が入るから)危ないよ」という旨の発言でからかった結果、Aはそのジョークを真に受け、親戚に「信用公庫は危ないのか?」と相談しました。

その親戚が更に別の知り合いに「豊玉信金は危ないのか?」と相談した結果、「豊玉信金は危ない」という誤報だけがどんどん広まってしまい、12月14日にはパニックに拍車がかかり、マスコミを使った事実の報道や記者会見などが開かれるまでの騒動となりました。

 

12月14日のその他の事件・出来事

  • 1285年 – (弘安8年11月17日) – 霜月騒動、鎌倉幕府の政変、有力御家人の安達氏一族が壊滅する。
  • 1542年 – 生後6日のメアリーがスコットランド女王に即位。
  • 1819年 – アラバマ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国22番目の州・アラバマ州となる。
  • 1836年 – オハイオ州とミシガン準州の間の境界紛争「トレド戦争」が非公式に終結。
  • 1896年 – グラスゴー地下鉄が開業。
  • 1900年 – マックス・プランクが黒体放射についてのプランクの法則を発表。「量子論の誕生日」と呼ばれる。
  • 1902年 – Commercial Pacific Cable Companyがサンフランシスコとハワイを結ぶ初の太平洋横断電信ケーブルを敷設。
  • 1910年 – 徳川好敏陸軍大尉が日本初の飛行実験に成功。
  • 1911年 – ノルウェーのロアール・アムンセン隊が南極点に史上初めて到達。
  • 1913年 – 日本海軍の戦艦「榛名」が進水。
  • 1918年 – フィンランド王国国王に選出されたフリードリヒ・カール・フォン・ヘッセンが即位を辞退。
  • 1927年 – イギリスがイラクの独立移行に向けた新協定を締結。
  • 1934年 – 日光国立公園が国立公園に指定される。
  • 1939年 – 第二次世界大戦・冬戦争: 国際連盟がフィンランド侵攻を理由にソ連を除名。
  • 1946年 – 国連総会で国連本部をニューヨークに置くことが決定。
  • 1955年 – アイルランド・アルバニア・イタリア・オーストリア・カンボジア・スペイン・スリランカ・ネパール・ハンガリー・フィンランド・ブルガリア・ポルトガル・ヨルダン・ラオス・リビア・ルーマニアが国連に加盟。
  • 1958年 – ソ連の南極探検隊が南極大陸の到達不能極に史上初めて到達。
  • 1959年 – 在日朝鮮人の帰還事業: 初の帰国船が新潟港を出港。
  • 1960年 – 国連総会で、アジア・アフリカ43か国の提案による植民地独立付与宣言を採択。
  • 1960年 – 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が教育における差別を禁止する条約を採択。
  • 1961年 – タンザニアが国連に加盟。
  • 1962年 – アメリカの金星探査機「マリナー2号」が金星に最接近し、史上初の惑星フライバイに成功。
  • 1969年 – 全日空の日本航空機製造YS-11型機と読売新聞社のビーチクラフト機が淡路島上空で接触事故。(全日空機淡路島空中接触事故)
  • 1972年 – アポロ17号の乗員が月面での最後の船外活動。
  • 1973年 – 豊川信用金庫事件。女子高生の冗談が元で豊川信用金庫で20億円の取り付け騒ぎが起こる。
  • 1974年 – 現代国際法上の侵略の定義に関する国連総会決議3314が採択。
  • 1975年 – 国鉄最後のSL牽引による定期旅客列車が室蘭本線の室蘭駅 – 岩見沢駅間で運転。
  • 1981年 – イスラエルでゴラン高原をイスラエルの民政下に置くゴラン高原法(英語版)が成立。
  • 1993年 – 日本が米輸入の部分開放を決定、米の自給体制が終結。
  • 1993年 – 日野OL不倫放火殺人事件がおこる。
  • 1994年 – 上野動物園のジャイアントパンダ「フェイフェイ」が老衰のため死ぬ。
  • 1995年 – ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争: 紛争3か国が和平協定「デイトン合意」に調印。
  • 1996年 – JR東日本が中央本線・東京駅 – 甲府駅間にATOSを初めて導入。
  • 1999年 – キリバス、トンガ、ナウルが国連に加盟。
  • 2003年 – 1996年に焼失していたヴェネツィア・フェニーチェ劇場が再開場。
  • 2004年 – ミヨー橋が開通。主塔の高さが343メートルの世界一高い橋。
  • 2004年 – キューバとベネズエラが米州ボリバル代替統合構想 (ALBA) を結成。
  • 2006年 – モナコ公国と日本が外交関係を樹立。
  • 2007年 – ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件がおこる。
  • 2008年 – 0系新幹線がこの日のさよなら運転をもって旅客運転終了。
  • 2010年 – 欧州の高速鉄道初となる日本製車両、395形がイギリスで本格運用開始。
  • 2011年 – 海王星が、発見された1846年9月23日の位置に初めて戻る。
  • 2011年 – イギリスで同国史上最大の競馬八百長事件が2年前の2009年に行われていたことが発覚。
  • 2012年 – コネチカット州でサンディフック小学校銃乱射事件が発生し、児童20人を含む26人が死亡。被疑者も自殺。
  • 2016年 – トヨタ自動車の新型クロスオーバーSUV C-HRを日本市場で発売。

※引用:Wikipedia

【誕生日】12月14日生まれの有名人

  • 1009年(寛弘6年11月25日) – 後朱雀天皇、日本の第69代天皇(+ 1045年)
  • 1503年 – ノストラダムス、医師、占星術師、『百詩篇集』の著者(+ 1566年)
  • 1546年 – ティコ・ブラーエ、天文学者(+ 1601年)
  • 1738年 – ヤン・コジェルフ、作曲家(+ 1814年)
  • 1775年 – トマス・コクラン、イギリス海軍の少将(+ 1860年)
  • 1784年 – マリア・アントニア・デ・ナポレス・イ・シシリア、アストゥリアス公フェルナンドの妃(+ 1806年)
  • 1787年 – マリア・ルドヴィカ・フォン・エスターライヒ=エステ、オーストリア皇帝フランツ1世の皇后(+ 1816年)
  • 1789年 – マリア・シマノフスカ、ピアニスト、作曲家(+ 1831年)
  • 1824年 – ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、画家(+ 1898年)
  • 1861年(文久元年11月13日) – 田中智學、宗教家(+ 1939年)
  • 1866年 – ロジャー・フライ、画家(+ 1934年)
  • 1870年 – カール・レンナー、オーストリア大統領(+ 1950年)
  • 1871年 – アウグスト・フォン・ハイエク、医師、植物学者(+ 1928年)
  • 1873年 – ジョン・アンダーソン、元プロ野球選手(+ 1949年)
  • 1883年 – 植芝盛平、武道家、合気道開祖(創始者)、合気会開設者(+ 1969年)
  • 1895年 – ジョージ6世、イギリス国王(+ 1952年)
  • 1895年 – ポール・エリュアール、詩人(+ 1952年)
  • 1896年 – ジミー・ドーリットル、アメリカ空軍の元帥(+ 1985年)
  • 1897年 – クルト・シュシュニック、オーストリア首相(+ 1977年)
  • 1901年 – 阪東妻三郎、映画俳優(+ 1953年)
  • 1907年 – 石井良助、法制史学者(+ 1993年)
  • 1909年 – エドワード・ローリー・タータム、遺伝学者(+ 1975年)
  • 1911年 – ハンス・フォン・オハイン、航空エンジニア(+ 1998年)
  • 1914年 – カール・カルステンス、ドイツ第5代連邦大統領(+ 1992年)
  • 1914年 – ロザリン・テューレック、ピアニスト(+ 2003年)
  • 1914年 – 河北倫明、美術評論家(+ 1995年)
  • 1915年 – 戸板康二、演劇評論家、推理作家(+ 1993年)
  • 1920年 – ローズマリー・サトクリフ、作家(+ 1992年)
  • 1921年 – 森正、指揮者(+ 1987年)
  • 1921年 – ボビー・アダムズ、野球選手(+ 1997年)
  • 1922年 – ニコライ・バソフ、物理学者(+ 2001年)
  • 1923年 – 勝田興、元プロ野球選手(+ 1982年)
  • 1927年 – 小山田宗徳、俳優、声優(+ 1986年)
  • 1929年 – 北本重二、元プロ野球選手
  • 1930年 – スザンヌ・モロー、フィギュアスケート選手(+ 2006年)
  • 1930年 – 浦山桐郎、映画監督(+ 1985年)
  • 1932年 – 尾身幸次、政治家
  • 1933年 – 北川智絵、声優
  • 1934年 – 前田陽一、映画監督(+ 1998年)
  • 1935年 – 品川徹、俳優、声優
  • 1940年 – 橋本勝磨、元プロ野球選手(+ 2014年)
  • 1942年 – レックス・トンプソン、元子役、俳優
  • 1944年 – 池内了、天文学者
  • 1946年 – ジェーン・バーキン、歌手
  • 1947年 – 清水英次、元騎手
  • 1948年 – 錦野旦、歌手
  • 1951年 – 野々村直通、元高校野球指導者
  • 1953年 – 福井照、政治家
  • 1953年 – 櫻井俊、元総務官僚、総務事務次官
  • 1955年 – 岡本郭男、ドラマー(元スペクトラム)
  • 1955年 – 世良公則、歌手、俳優
  • 1959年 – ホルヘ・バカ、プロボクサー
  • 1959年 – 清水信之、キーボーディスト、作曲家、編曲家
  • 1959年 – 天願大介、脚本家、映画監督
  • 1960年 – 小山昭晴、元プロ野球選手(+ 2005年)
  • 1960年 – 高倉美貴、女優
  • 1962年 – 森気楼、キャラクターデザイナー
  • 1964年 – 須藤満、ベーシスト
  • 1964年 – 藤岡宣男、声楽家(カウンターテナー)
  • 1964年 – 高野寛、ミュージシャン
  • 1964年 – 坂本勝美、元騎手、元調教師
  • 1964年 – 大善尊太、元大相撲力士、年寄富士ヶ根
  • 1964年 – 百々義則、ミュージカル俳優
  • 1965年 – 大木温之、ミュージシャン
  • 1965年 – TOMOVSKY(大木知之)、ミュージシャン
  • 1965年 – 船水紀孝、ゲームクリエイター
  • 1965年 – クレイグ・ビジオ、元プロ野球選手
  • 1967年 – 田中幸雄、元プロ野球選手
  • 1968年 – 高木希世子、元司会者
  • 1968年 – 勝間和代、経済評論家、公認会計士
  • 1969年 – テル、お笑いタレント(元どーよ)
  • 1969年 – デービッド・ニルソン、元プロ野球選手
  • 1970年 – ウラジミール・グルビッチ、バレーボール選手
  • 1970年 – 緒方剛志、イラストレーター
  • 1970年 – 西嶋賢司、元プロ野球選手
  • 1971年 – 数見肇、武道家、空手家
  • 1971年 – 浅井樹、元プロ野球選手
  • 1971年 – シャノン・ブリッグス、プロボクサー
  • 1971年 – 星野ひかる、元AV女優
  • 1971年 – エリック・ラドウィック、元プロ野球選手
  • 1972年 – 魚喃キリコ 、漫画家
  • 1974年 – Ryoji、ミュージシャン(ケツメイシ)
  • 1975年 – 福浦和也、元プロ野球選手
  • 1976年 – アンドレ・クート、レーシングドライバー
  • 1977年 – 桃井はるこ、タレント、声優
  • 1977年 – 旭南海丈一郎、元大相撲力士
  • 1977年 – 谷田部俊、お笑いタレント(我が家)
  • 1977年 – 安部みちこ、アナウンサー
  • 1977年 – 曽根純恵、フリーアナウンサー
  • 1978年 – 田口りえ、タレント、歌手、(元Say a Little Prayer)
  • 1978年 – 綱島志朗、漫画家
  • 1979年 – マイケル・オーウェン、元サッカー選手
  • 1979年 – 中野美奈子、アナウンサー
  • 1980年 – タタ・ヤン、歌手
  • 1980年 – 永川勝浩、元プロ野球選手
  • 1980年 – 那須晃行、お笑いタレント(なすなかにし)
  • 1981年 – ショーン・マーカム、プロ野球選手
  • 1982年 – ジョシュ・フィールズ、元プロ野球選手
  • 1983年 – 宝月ひかる、元AV女優
  • 1983年 – 橋口洋平、ミュージシャン(Wacci)
  • 1985年 – 滝沢乃南、元グラビアアイドル
  • 1985年 – 八神蓮、俳優
  • 1987年 – 相澤寿聡、元プロ野球選手
  • 1987年 – 河野秀数、元プロ野球選手
  • 1988年 – ヴァネッサ・ハジェンズ、女優、歌手
  • 1988年 – 坂本勇人、プロ野球選手
  • 1988年 – 村瀬歩、声優
  • 1989年 – オンユ、歌手(SHINee)
  • 1989年 – 鄭又榮、サッカー選手
  • 1989年 – ドン・ローチ、プロ野球選手
  • 1989年 – ペドロ・ロベルト・シウヴァ・ボテーリョ、サッカー選手
  • 1990年 – 趙成眞、サッカー選手
  • 1990年 – ビボム、アイドル(Block B)
  • 1990年 – 弘松優衣、アナウンサー
  • 1990年 – 村川大介、囲碁棋士
  • 1991年 – 高畑充希、女優、歌手
  • 1991年 – アダム・フレイジャー、プロ野球選手
  • 1992年 – 宮市亮、サッカー選手
  • 1992年 – 小島みなみ、AV女優、タレント
  • 1994年 – 井上小百合、アイドル(乃木坂46)
  • 1994年 – 大和里菜、元アイドル(元乃木坂46)
  • 1995年 – 松元絵里花、ファッションモデル
  • 1996年 – 福田俊、プロ野球選手
  • 1996年 – 松岡凛、タレント
  • 1998年 – 田中珠里、女優(元X21)
  • 1999年 – 石川翔、プロ野球選手
  • 1999年 – 北向珠夕、グラビアアイドル
  • 生年不詳 – 黒澤ひかり、グラビアアイドル
  • 生年不詳 – 瞬火、ベーシスト(陰陽座)

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【花】12月14日の誕生花

マツ – 花言葉は「不老長寿」「哀れみ」「同情」

12月14日の誕生花 マツ - 花言葉は「不老長寿」「哀れみ」「同情」

マツは寿命が長く、冬でも葉が茂ることから「不老長寿」という花言葉がつけられたとされています。

日本だと縁起が良い木だとされていますが、古代ギリシャに伝わったキュベレとアティスの神話により、「哀れみ」「同情」という花言葉が付けられました。

 

12月14日のまとめ

  • 2021年12月14日の和暦

  • 平成33年12月14日
  • 2021年12月14日の曜日

  • 火曜日
  • 2021年12月14日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2021年12月14日の旧暦

  • 11月11日
  • 2021年12月14日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2021年12月14日は今年の何日目

  • 212日目
  • 2021年12月14日で今年はあと何日

  • 17日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和96年、大正110年、明治154年

 

以上です。

12月14日の朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!