2月20日は何の日?2月20日の記念日・出来事などをまとめました!

2月20日 旅券の日

「2月20日は何の日?」ということで、2月20日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

2月20日は「旅券の日」「アレルギーの日」「交通事故死ゼロを目指す日」「歌舞伎の日」「愛媛県政発足記念日」「世界社会正義の日」などがあります。

また、2月20日に起こった出来事としては「メトロポリタン美術館開館」「丸の内ビルディング竣工」「大阪ドーム完成」などがあります。

今年の2月20日の六曜・お日柄も掲載しています。

  • 2019年2月20日の和暦

  • 平成31年2月20日
  • 2019年2月20日の曜日

  • 水曜日
  • 2019年2月20日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 大安
  • 2019年2月20日の旧暦

  • 1月16日
  • 2019年2月20日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年2月20日は今年の何日目

  • 322日目
  • 2019年2月20日で今年はあと何日

  • 314日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】2月20日の日本の記念日

旅券の日

2月20日 旅券の日

1878年2月20日、「旅券」という単語が外務省布達第1号の「海外旅券規則」で初めて使われたことから、この日を「旅券の日(パスポートの日)」として外務省が制定しました。

日本で最初のパスポートは、1866年、曲芸師であった「亀吉」という人物がイギリスに向かう際に、江戸幕府が発行した「住所・指名・年齢・生年月日・顔の特徴」を明記したものであるとされています。

 

アレルギーの日

2月20日 アレルギーの日

1966年2月20日にアレルギーの原因となる「免疫グロブリンE(IgE)」が初めて発見されたことから日本アレルギー協会が制定しました。

この「免疫グロブリンE」を発見したのは免疫学者の石坂公成・照子夫妻で、ブタクサにアレルギーを持つ患者の血清から「免疫グロブリンE」を精製することに成功しました。

アレルギーの日を制定した日本アレルギー協会では、毎年2月17日から2月23日までの1週間を「アレルギー週間」とし、アレルギー疾患についての情報提供や啓蒙活動が行われています。

 

交通事故死ゼロを目指す日

2月20日 交通事故死ゼロを目指す日

2008年から実施されている「生活安心プロジェクト」の中の1日です。

日本政府が実施を行っていて、交通事故死が発生しないように国や地方公共団体が率先して行動を起こし、交通マナーについての広報や情報提供を行うこととされています。

2月20日以外にも、4月10日と9月30日が「交通事故死ゼロを目指す日」と制定されています。

詳しくはこちら→「交通事故死ゼロをめざす日」の実施について|内閣府

 

歌舞伎の日

2月20日 歌舞伎の日

旧暦の慶長12年2月20日、「歌舞伎踊り」の創始者である「出雲阿国」という女性が、徳川家康や諸大名の前で初めて「歌舞伎踊り」を披露したことを記念して制定されました。

この歌舞伎踊りは遊女屋でも取り入れられ、三味線による囃子がつき、男装した遊女と遊女の猥雑な掛け合いが行われる「遊女歌舞伎」が人気を博しました。

江戸幕府の方針で女性が舞台に立つことを禁じられると、今度は役者全員が男の「野郎歌舞伎」へと発展し、徐々に進化を重ねていった結果、現在の「歌舞伎」が出来上がっています。

歌舞伎は2009年9月には、ユネスコの「無形文化遺産」に認定されました。

 

愛媛県政発足記念日

2月20日 愛媛県政発足記念日

1873年2月20日、「石鉄県」と「神山県」が合併し、「愛媛県」が誕生したことを記念した日です。

「愛媛」という県名の由来は、古事記上巻に「伊予ノ国を愛比売(えひめ)と謂ひ」と記載されていたことから付けられたと言われています。

「愛比売」は伊予丿国に住む女神の名前だったことから、愛媛県は日本で唯一の「県名に神の名前がつく」県となっています。

誕生からちょうど100年がたった1973年には、100週年を記念して記念行事が開かれ、県章と県民歌が制定されました。

 

【記念日・世界】2月20日の世界の記念日

世界社会正義の日

2月20日 世界社会正義の日

国連の国際デーの1つで、2009年に制定されました。

「世界社会正義の日(World Day for Social Justice)」は、貧困の撲滅と公平な社会を実現するために、啓蒙活動が行われています。

 

スポンサードサーチ

【歴史】2月20日に起きた出来事・事件

メトロポリタン美術館開館:1872年

2月20日 メトロポリタン美術館開館:1872年

ニューヨーク市マンハッタンにある、世界最大級の美術館「メトロポリタン美術館」が開館したのは、1872年2月20日のことでした。

 

丸の内ビルディング(ビルヂング)竣工:1923年

2月20日 丸の内ビルディング(ビルヂング)竣工

通称「丸ビル」と呼ばれる、丸の内ビルディングが竣工されたのは1923年2月20日でした。

1937年には東京駅との地下道が作られ、丸の内を象徴する建物となりました。

当時の名称は「丸の内ビルヂング」でしたが、2002年には現在の「丸の内ビルディング」に改称しています。

 

大阪ドーム完成:1997年

2月20日 大阪ドーム完成

オリックス・バファローズや大阪近鉄バファローズの本拠地として愛されている「大阪ドーム」が完成したのは1997年2月20日のことでした。

2006年7月1日には施設命名権を京セラが購入したことから、「京セラドーム大阪」と改称しています。

もともとは大阪近鉄バファローズの本拠地として設立され、現在でもプロ野球の試合に使われる他、数多くのアーティストやアイドルのコンサートツアーなどにも使われています。

 

2月20日のその他の事件・出来事

  • 1547年 – イングランド王エドワード6世が戴冠。
  • 1564年(永禄7年1月8日) – 第二次国府台合戦で北条氏が里見氏を破る。
  • 1582年(天正10年1月28日) – 天正遣欧少年使節が長崎港を出港。
  • 1862年 – 南北戦争: ヴァルヴァードの戦い。
  • 1872年 – ニューヨークのメトロポリタン美術館が開館。
  • 1913年 – 日本で山本権兵衛が第16代内閣総理大臣に就任し、第1次山本内閣が発足。
  • 1921年 – ペルシアでレザー・ハーンがクーデターを起こす。
  • 1923年 – 東京駅前に丸の内ビルヂングが竣工。
  • 1928年 – 第16回衆議院議員総選挙。(日本における初の男子普通選挙)
  • 1932年 – 第18回衆議院議員総選挙
  • 1933年 – アメリカ合衆国憲法修正第18条(禁酒法)を撤廃するための憲法修正第21条が連邦議会で発議。
  • 1933年 – プロレタリア作家・小林多喜二が特高警察の拷問により築地警察署で死亡。(築地署事件)
  • 1935年 – シャーリー・テンプルが6歳の史上最年少でアカデミー賞特別賞を受賞。
  • 1942年 – 第二次世界大戦: バリ島沖海戦で日本海軍が連合軍艦隊に勝利。
  • 1946年 – ソ連が千島列島・南樺太の領土編入を正式に宣言。
  • 1949年 – 秋田県能代市で大火。
  • 1952年 – 東大ポポロ事件
  • 1962年 – マーキュリー計画: アメリカで有人宇宙船「マーキュリー・アトラス6号」(フレンドシップ7)を打上げ。アメリカ初の有人地球周回飛行に成功し、ソ連の宇宙開発レベルに追いつく。
  • 1965年 – レインジャー計画: アメリカの月ロケット「レインジャー8号」が静かの海に着陸。月面の撮影に成功。
  • 1968年 – 金嬉老事件。2人を射殺・13人を人質に温泉旅館に籠城(2月24日に解決)。
  • 1976年 – フィリピン・ルバング島で戦闘を継続していた小野田寛郎に冒険家・鈴木紀夫が接触し帰国を促す。
  • 1980年 – 大阪府枚方市内の京阪電気鉄道京阪本線御殿山駅 – 枚方市駅間で悪戯による置き石脱線転覆事故。104人負傷。
  • 1983年 – 宇宙科学研究所がX線天文観測衛星「てんま」を打上げ。
  • 1991年 – アルバニアの首都ティラナにあったエンヴェル・ホッジャの巨大な像が民衆によって倒される。
  • 1993年 – 文部省宇宙科学研究所がX線天文観測衛星「あすか」を打上げ。
  • 1997年 – 大阪ドームが完成。
  • 1998年 – 坂出送電塔倒壊事件
  • 2005年 – 明治安田生命が金融庁監査当局より、国内保険業界史上初の業務停止命令を受ける。
  • 2006年 – 岩手県で水沢市・江刺市ほか3町村が合併して奥州市が発足[1]
  • 2006年 – 山梨県中央市が市制施行[2]

※引用:Wikipedia

【誕生日】2月20日生まれの有名人

  • 1802年 – シャルル=オーギュスト・ド・ベリオ、ヴァイオリニスト、作曲家(+ 1870年)
  • 1844年 – ルートヴィッヒ・ボルツマン、物理学者(+ 1906年)
  • 1849年(嘉永2年1月28日) – 曾禰荒助、政治家(+ 1910年)
  • 1882年 – ニコライ・ハルトマン、哲学者(+ 1950年)
  • 1882年 – エリー・ナーデルマン、彫刻家(+ 1946年)
  • 1883年 – 志賀直哉、小説家(+ 1971年)
  • 1884年 – 杉道助、実業家(+ 1964年)
  • 1886年 – 石田礼助、第5代日本国有鉄道総裁(+ 1978年)
  • 1886年 – 石川啄木、歌人、詩人(+ 1912年)
  • 1886年 – クン・ベーラ、政治家(+ 1939年)
  • 1888年 – マリー・ランバート、舞踏家(+ 1982年)
  • 1890年 – サム・ライス、メジャーリーガー(+ 1974年)
  • 1894年 – 左卜全、俳優(+ 1971年)
  • 1895年 – 山本懸蔵、労働運動家、戦前期の日本共産党党員(+ 1939年)
  • 1901年 – ルイス・カーン、建築家(+ 1974年)
  • 1901年 – ヘンリー・アイリング、化学者(+ 1981年)
  • 1902年 – アンセル・アダムス、写真家(+ 1984年)
  • 1904年 – 武藤富男、官僚、牧師、教育者(+ 1998年)
  • 1905年 – 本庄睦男、小説家(+ 1939年)
  • 1910年 – 山本幸一、政治家(+ 1996年)
  • 1912年 – ピエール・ブール、小説家(+ 1994年)
  • 1915年 – 水の江瀧子、女優(+ 2009年)
  • 1917年 – 山本茂実、小説家(+ 1998年)
  • 1917年 – マニー・ファーバー、画家、美術評論家、映画評論家(+ 2008年)
  • 1919年 – 百瀬晋六、自動車技術者(+ 1997年)
  • 1920年 – 矢口洪一、裁判官(+ 2006年)
  • 1920年 – エフゲニー・F・ドラグノフ、銃器設計者(+ 1991年)
  • 1920年 – 戸田与三郎、プロ野球選手(+ 1986年)
  • 1921年 – ルース・ギップス、作曲家、ピアニスト、オーボエ奏者(+ 1999年)
  • 1922年 – 熊耳武彦、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1923年 – 秋枝寿一郎、プロ野球選手
  • 1925年 – ロバート・アルトマン、映画監督(+ 2006年)
  • 1925年 – 栃錦清隆、大相撲第44代横綱、第5代日本相撲協会理事長(+ 1990年)
  • 1925年 – 藤野光久、プロ野球選手(+ 1991年)
  • 1926年 – リチャード・マシスン、小説家(+ 2013年)
  • 1927年 – シドニー・ポワチエ、俳優
  • 1928年 – 浅香光代、剣劇女優
  • 1928年 – 広岡富夫、元プロ野球選手
  • 1929年 – 黛敏郎、作曲家(+ 1997年)
  • 1931年 – ジョン・ウィラード・ミルナー、数学者
  • 1933年 – 内井昭蔵、建築家(+ 2002年)
  • 1933年 – 山田吾一、俳優(+ 2012年)
  • 1933年 – 佐藤祐弘、政治家
  • 1936年 – 長嶋茂雄、元プロ野球選手、読売巨人軍終身名誉監督
  • 1937年 – 小平桂一、天文学者
  • 1937年 – 山藤章二、イラストレーター
  • 1937年 – 久保友之、元プロ野球選手
  • 1937年 – ロベルト・フーバー、生化学者
  • 1938年 – 稲垣美穂子、女優
  • 1938年 – リチャード・ベイマー、俳優
  • 1940年 – クリストフ・エッシェンバッハ、指揮者、ピアニスト
  • 1940年 – 百瀬博教、作家、詩人、格闘技プロデューサー(+ 2008年)
  • 1941年 – クライド・ライト、元メジャーリーガー
  • 1942年 – 若二瀬唯之、大相撲力士(+ 1997年)
  • 1943年 – アントニオ猪木、プロレスラー、実業家
  • 1943年 – マイク・リー、映画監督
  • 1945年 – ドナルド・マクファーソン、フィギュアスケート選手(+ 2001年)
  • 1945年 – ジョージ・スムート、物理学者
  • 1947年 – 広瀬宰、元プロ野球選手(+ 1999年)
  • 1948年 – 小山ゆう、漫画家
  • 1949年 – 柴田宋休、陶芸家、浄土宗僧侶、詩画作家、エッセイスト
  • 1949年 – 林望、作家、日本文学者
  • 1949年 – 大西譲治、プロ野球選手
  • 1949年 – 石波義人、俳優、声優
  • 1950年 – 志村けん、タレント
  • 1950年 – ばんばひろふみ、フォークシンガー
  • 1950年 – 土山しげる、漫画家(+ 2018年)
  • 1950年 – 服部良一、政治家
  • 1951年 – ゴードン・ブラウン、イギリス首相
  • 1951年 – ドス・カラス、プロレスラー
  • 1951年 – 美内すずえ、漫画家
  • 1951年 – 奥田和男、プロ野球選手
  • 1952年 – 有田芳生、ジャーナリスト、政治家
  • 1953年 – 四方田犬彦、比較文学者、映画史家
  • 1953年 – リッカルド・シャイー、指揮者
  • 1957年 – 梨羽侑里、声優
  • 1957年 – 飯島三智、実業家、芸能マネージャー(SMAP担当)
  • 1958年 – かとうかず子、女優
  • 1958年 – 高塚哲広、気象予報士
  • 1959年 – 稲田朋美、政治家、弁護士
  • 1959年 – ビル・ガリクソン、元プロ野球選手
  • 1959年 – モロ師岡、俳優
  • 1960年 – 河森正治、アニメ監督、メカニックデザイナー
  • 1960年 – ビクトル・メサ、野球選手
  • 1962年 – 真島昌利、ミュージシャン、ギタリスト(THE BLUE HEARTS、THE HIGH-LOWS、ザ・クロマニヨンズ)
  • 1963年 – イアン・ブラウン、ミュージシャン
  • 1963年 – チャールズ・バークレー、バスケットボール選手
  • 1963年 – 山越吉洋、元プロ野球選手
  • 1963年 – 清水ちなみ、コラムニスト
  • 1964年 – 遊佐未森、シンガーソングライター
  • 1966年 – シンディ・クロフォード、スーパーモデル、女優
  • 1966年 – 春日富士晃大、大相撲力士
  • 1967年 – カート・コバーン、ミュージシャン、ギタリスト(+ 1994年)
  • 1967年 – リリ・テイラー、女優
  • 1967年 – 田中ウルヴェ京、元アーティスティックスイミング選手
  • 1968年 – いしのようこ、女優
  • 1969年 – 外道、プロレスラー
  • 1969年 – 渡辺梓、女優
  • 1969年 – シニシャ・ミハイロビッチ、サッカー選手
  • 1970年 – 忰田幸也、元プロ野球選手
  • 1971年 – ヤリ・リトマネン、サッカー選手
  • 1972年 – シェーン・スペンサー、元プロ野球選手
  • 1972年 – 田村香織、AV女優
  • 1972年 – スティーブ・ヤンセン、元野球選手、野球監督
  • 1975年 – リバン・ヘルナンデス、メジャーリーガー
  • 1976年 – エド・グラハム、ミュージシャン(ザ・ダークネス)
  • 1978年 – コーリー・スピンクス、第20代IBF世界スーパーウェルター級王者
  • 1978年 – ユリア・イェンチ、女優
  • 1978年 – 武内健、声優
  • 1978年 – 窪田淳、元プロ野球選手
  • 1979年 – 森田剛、歌手、タレント(V6)
  • 1979年 – 黄龍義、野球選手
  • 1980年 – アルトゥール・ボルツ、サッカー選手
  • 1980年 – 石田明、お笑い芸人(NON STYLE)
  • 1980年 – 井澤健、俳優
  • 1980年 – 高遠るい、漫画家
  • 1980年 – 中村悠一、声優
  • 1981年 – aika、歌手
  • 1982年 – 小西遼生、俳優、声優
  • 1982年 – 小林千紘、野球選手、ゴルファー
  • 1983年 – 上村和裕、プロ野球選手
  • 1983年 – ジャスティン・バーランダー、メジャーリーガー
  • 1983年 – ホセ・モラレス、元メジャーリーガー
  • 1984年 – 小出恵介、俳優
  • 1984年 – 矢部美希、グラビアアイドル
  • 1984年 – ブライアン・マッキャン、メジャーリーガー
  • 1985年 – ユーリャ・ヴォルコヴァ、t.A.T.u.メンバー
  • 1985年 – 夏目理緒、グラビアアイドル
  • 1985年 – 小川彩佳、アナウンサー
  • 1985年 – ライアン・スウィーニー、メジャーリーガー
  • 1987年 – GOLF、歌手(GOLF&MIKE、GYM)
  • 1988年 – ジア・カーン、女優(+ 2013年)
  • 1988年 – スペンサー・パットン、メジャーリーガー
  • 1988年 – リアーナ、歌手
  • 1989年 – 黒田真由、体操選手
  • 1990年 – 三戸なつめ、ファッションモデル、歌手、タレント
  • 1990年 – 秋場まなと、俳優
  • 1990年 – 小菅晴香、フリーアナウンサー
  • 1990年 – 関舞、バレーボール選手
  • 1990年 – チーロ・インモービレ、サッカー選手
  • 1990年 – レオ・ヘルナンデス、元マイナーリーガー
  • 1991年 – セバスチアン・イヴァサキ、フィギュアスケート選手
  • 1992年 – 東弘明、プロ野球選手
  • 1993年 – 橋本奈々未、女性アイドル(元乃木坂46)
  • 1994年 – ルイス・セベリーノ、メジャーリーガー
  • 1996年 – 伊藤万理華、女優(元乃木坂46)
  • 1996年 – 伊藤梨沙子、ファッションモデル、女優
  • 1997年 – 焚吐、シンガーソングライター、ミュージシャン、歌手
  • 1998年 – 藤田ニコル、ファッションモデル、タレント
  • 1998年 – 西銘駿、俳優
  • 生年不詳 – 高橋久美子、キャラクターデザイナー
  • 生年不詳 – あえか、歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン
  • 生年不明 – 小野綾子、声優

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【花】2月20日の誕生花

カルミア – 花言葉は「優美な女性」「大きな希望」「野心」

2月11日の誕生花 カルミア

花の形が特徴的なカルミアは、白い傘を開いたような形から「優美な女性が日傘を差している」ように見えることから「優美な女性」という花言葉がつけられました。

カルミアは2月11日の誕生花でもあります。

 

シャクナゲ – 花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」

2月20日の誕生花 シャクナゲ

シャクナゲは派手で美しく豪華な花を咲かせることから、「威厳」「荘厳」といった花言葉が付けられています。

 

オウバイ – 花言葉は「控えめな美」「期待」「恩恵」

2月20日の誕生花 オウバイ

黄色で控えめな色合いの花を咲かせることから、オウバイには「控えめな美」という花言葉が付けられました。

 

いかがでしたか?

2月20日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめさせていただきました。

朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!