2月2日は何の日?2月2日の記念日・出来事などをまとめました!

2月2日 情報セキュリティの日

2019年1月31日

「2月2日は何の日?」ということで、2月2日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の2月2日の六曜・お日柄も掲載しています。

  • 2019年2月2日の和暦

  • 平成31年2月2日
  • 2019年2月2日の曜日

  • 土曜日
  • 2019年2月2日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2019年2月2日の旧暦

  • 12月28日
  • 2019年2月2日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年2月2日は今年の何日目

  • 322日目
  • 2019年2月2日で今年はあと何日

  • 332日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】2月2日の日本の記念日

情報セキュリティの日

2月2日 情報セキュリティの日

2006年2月2日、情報セキュリティ政策会議で「第1次情報セキュリティ基本計画」が定められたことで制定されました。

制定したのは日本政府情報セキュリティ政策会議です。

「第1次情報セキュリティ基本計画」とは、情報セキュリティ先進国になることを目指し、次の木h状を掲げたものである。

  1. 経済大国日本の持続的発展とITの利用・活用
  2. より良い国民生活の実現とITの利用・活用
  3. 我が国の安全保障におけるITに起因する新たな脅威への対応

2009年2月3日には、内閣官房セキュリティセンター(NISC)が「第2次情報セキュリティ基本計画」を発表しました。

基本的には第1次の内容を引き継ぐもので、新たに副題を「IT時代の力強い『個』と『社会』の確立に向けて」としています。

 

麩の日

2月2日 麩の日

麸の日は1998年、協同組合全国製麩工業会によって「ふ(2)」の語呂合わせとして制定されました。

より正確に言うと、毎月の「2日」が「麸の日」として決まっていて、中でも「2月2日は全国統一キャンペーンディ」とされています。

 

頭痛の日

2月2日 頭痛の日

「ず(2)ツー(2)」という語呂合わせから、ジョンソン・エンド・ジョンソンが2001年に制定しました。

同じく「頭痛撲滅委員会」という組織が頭痛の辛さを悩みを世の中に訴える日として制定し、「有給が 頭痛のせいで 滅ってゆく」「偏頭痛 上司が言うには 怠け病」などの川柳を書いたポスターでPRを行っていました。

また、「日本頭痛協会」という組織は、2月22日を「頭痛の日」として制定しています。

 

国際航空業務再開の日

2月2日 国際航空業務再開の日

1954年2月2日、GHQによって戦後禁止されていた国際航空業務が再開されたことを記念した日です。

再開したのは日本航空(現JAL)で、最初の航空は東京発ホノルル経由サンフランシスコ行の便で、座席は合計で38席、うち14席が招待客で、一般の乗客は5名だけだったそうです。

また、当時は「国際線」扱いであった「沖縄線(羽田空港ー那覇空港)」の運行が開始され、同月にはファーストクラスに加えてエコノミークラスの設置が許可されています。

 

バスガールの日

2月2日 バスガールの日

1920年2月2日、初めて日本で乗合バスに女性車掌(バスガール)が登場したことを記念した日です。

運転したのは新宿ー築地間でした。最初にバスガールとして採用されたのは19歳~30歳の計37人で、当時の制服は黒のツーピースに白の襟というハイカラなものでした。

 

ツインテールの日

2月2日 ツインテールの日

日本ツインテール協会が2012年1月24日に制定した日です。

日本ツインテール協会は、ツインテールの日に次のような提案をしています。

男性の皆さん、ツインテールの日に心惹かれる女性に2本のゴムを渡しましょう。
女性の皆さん、もしあなたに彼の気持ちを受け止める心があるのならツインテールで応えましょう。

若者に比較的馴染みやすい記念日ということで、TwitterやInstagramなどのSNS上ではこの日、たくさんの女性のツインテール姿が拝見できます。

 

【記念日・世界】2月2日の世界の記念日

聖燭祭(キャンドルマス、主の奉献、被献日)/主の迎接祭

2月2日 聖燭祭(キャンドルマス、主の奉献、被献日)/主の迎接祭

聖燭祭(せいしょくさい)とは、西方教会の祝日で、聖母マリアが産後の汚れの潔めの式を受け、降誕40日後の幼子イエスが律法に従いエルサレムの神殿に捧げられたことを祝う日です。

日本聖公会では「被献日」と呼びます。クリスマスに生まれたイエスが、40日後である2月2日に出産の穢れを祓うことから、「正式なクリスマスの終わり」という意味もあります。

 

二日灸/如月灸

2月2日 二日灸/如月灸

元々は旧暦2月2日に行われていた行事で、この日に灸をすえると効能が倍となり、その年を無病息災で過ごせるという縁起がよい行事です。

 

グラウンドホッグデー(アメリカ合衆国・カナダ)

2月2日 グラウンドホッグデー(アメリカ合衆国・カナダ)

グラウンドホッグデーとは、リスの一種である「グラウンドホッグ(別名ウッドチャック)」を使った天気占いの行事で、アメリカ・カナダで催されます。

1840年2月2日に書かれた古い文献に「本日、ドイツ人たちがいうところによれば、グラウンドホッグが冬のねぐらから出て、影を見ると、あと40日間ねぐらにこもるらしい」と書かれていたことから、2月2日が影が見える晴天であれば「冬はあと6週間は続くだろう」と占われ、反対に影が見えない曇天や悪天候であれば「春は間近に迫っている」と占われる。

 

タルトゥ条約の日(エストニア)

2月2日 タルトゥ条約の日(エストニア)

1920年2月2日、ロシアの支配下にあったエストニアの独立をソ連が承認した記念日です。

この時に結んだ条約の名前を取り、「タルトゥ条約の日」という名前が制定されました。

 

世界湿地の日

2月2日 世界湿地の日

1971年2月2日、湿地の保存に関する「ラムサール条約」が調印されたことを記念した日です。

「ラムサール条約」とは湿地の保存に関する国際条約で、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関しての条約があります。

日本は1980年6月17日に加入書を提出しています。

 

スポンサードサーチ

【歴史】2月2日に起きた出来事・事件

初代神聖ローマ皇帝誕生(962年)

2月2日 初代神聖ローマ皇帝誕生(962年)

東フランク王オットー1世が、当時のローマ教皇ヨハネス12世から戴冠を受けて、約9世紀もの年月の間存在した「神聖ローマ帝国」の皇帝となりました。

神聖ローマ皇帝はその後32代まで続きます。

 

日本で7桁の新郵便番号が導入開始(1998年)

2月2日 日本で7桁の新郵便番号が導入開始(1998年)

今や見慣れた7桁の郵便番号ですが、初めて導入が開始されたのは1998年2月2日のことでした。

それまでの郵便番号は3桁または5桁で、7桁の郵便番号の発祥の地は川越でした。

 

2月2日のその他の事件・出来事

  • 589年(禎明3年/開皇9年1月12日) – 隋が江南の陳を滅ぼし、中国を統一する。
  • 962年 – 東フランク王オットー1世がローマ教皇ヨハネス12世から戴冠を受け、初代神聖ローマ皇帝となる。
  • 1181年(養和元年1月17日) – 後白河法皇が平清盛の死去に伴い院政を再開する。
  • 1266年(文永2年12月26日) – 藤原為家らが『続古今和歌集』を撰進する。
  • 1580年(天正8年1月17日) – 三木合戦(三木の干殺し)が終結。羽柴秀吉が三木城を陥落させる。
  • 1653年 – ニューアムステルダム(現在のニューヨーク)に正式に市の資格が与えられる。
  • 1709年 – ロビンソン・クルーソーのモデルといわれるスコットランド人船員のアレキサンダー・セルカークが太平洋の無人島で発見される。
  • 1848年 – 米墨戦争終結のためのグアダルーペ・イダルゴ条約に調印。
  • 1876年 – メジャーリーグのナショナルリーグ設立。
  • 1878年 – ギリシャがオスマン帝国に宣戦布告。
  • 1913年 – ニューヨークのグランド・セントラル駅の現在の駅舎が使用開始。
  • 1920年 – エストニアとソビエト・ロシアがタルトゥ条約に調印。ソ連が帝政ロシアの支配下にあったエストニアの独立を承認。
  • 1920年 – 東京市街自動車の乗合バスに日本で初めて女性車掌(バスガール)が登場。
  • 1922年 – ジェイムズ・ジョイスの小説『ユリシーズ』が発刊。
  • 1934年 – 合衆国輸出入銀行設立。
  • 1937年 – 日本で、林銑十郎が第33代内閣総理大臣に就任し、林内閣が発足。
  • 1940年 – 衆議院で斎藤隆夫が軍部の日中戦争処理方針を非難する反軍演説を行う。
  • 1942年 – 大日本国防婦人会・愛国婦人会・大日本聯合婦人会を統合して大日本婦人会が発足。
  • 1943年 – 第二次世界大戦: スターリングラード攻防戦がソ連の勝利で終結。
  • 1946年 – 宗教法人令改正。神道を宗教として扱い、神社を宗教法人とする。
  • 1954年 – 日本航空が日本で戦後初の国際航空路・東京 – ホノルル – サンフランシスコ線を開設。
  • 1956年 – 京阪神急行電鉄宝塚線庄内駅において、車両故障時の対応の不手際から、激怒した乗客が線路を封鎖して電車を止める。(庄内事件)
  • 1959年 – ソビエト連邦のウラル山脈山中において、ディアトロフ峠事件が発生し、トレッキング客9人が怪死。
  • 1967年 – アメリカン・バスケットボール・アソシエーションが発足する。
  • 1970年 – アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)が発足する。
  • 1970年 – コーンフィールド・ボンバー不時着事故が発生。
  • 1972年 – グアム島に隠れ続けていた元日本兵・横井庄一が帰国。
  • 1976年 – NETテレビ(現:テレビ朝日)で『徹子の部屋』が放送開始。
  • 1987年 – 前年2月のエドゥサ革命後のフィリピンで新憲法制定。
  • 1990年 – ソ連崩壊: エストニアの代議員合同総会で、1920年の同日に調印したタルトゥ条約が現在も有効であり、エストニアは独立国であると宣言。
  • 1990年 – アパルトヘイト: 南アフリカのフレデリック・ウィレム・デクラーク大統領がアフリカ民族会議などを合法化し、ネルソン・マンデラの釈放を約束。
  • 1998年 – 日本で7桁の新郵便番号が導入開始。
  • 2002年 – 茨城県守谷市が市制施行。
  • 2005年 – 前年、米国のカーライルグループに買収されたDDIポケットがウィルコムに社名変更。
  • 2006年 – 神戸新交通ポートアイランド線の市民広場駅 – 神戸空港駅間が延伸開業。
  • 2011年 – エジプトで反ムバラク派のデモ隊とムバラク派のデモ隊が衝突。多数の死傷者を出す。
  • 2011年 – 大相撲野球賭博問題における警視庁の捜査で、押収した力士の携帯電話から八百長を行っていたメールの存在が明らかになる。(大相撲八百長問題)
  • 2013年 – 映画『アメリカン・スナイパー』のモデルとなったアメリカの元軍人クリス・カイルが、射撃訓練中に射殺される。

※引用:Wikipedia

【誕生日】2月2日生まれの有名人

  • 1208年 – ハイメ1世、アラゴン王、バルセロナ伯(+ 1276年)
  • 1522年 – ルドヴィコ・フェラーリ、数学者(+ 1565年)
  • 1649年 – ベネディクトゥス13世、ローマ教皇(+ 1733年)
  • 1650年 – ネル・グウィン、イングランド王チャールズ2世の寵姫(+ 1687年)
  • 1669年 – ルイ・マルシャン、作曲家、鍵盤楽器奏者(+ 1732年)
  • 1700年 – ヨハン・クリストフ・ゴットシェート、文学者(+ 1766年)
  • 1711年 – ヴェンツェル・アントン・カウニッツ、外交官、政治家(+ 1794年)
  • 1743年 – ジョゼフ・バンクス、博物学者、植物学者(+ 1820年)
  • 1748年(延享5年2月2日) – 菅茶山、儒学者、漢詩人(+ 1827年)
  • 1829年 – アルフレート・ブレーム、動物学者、作家(+ 1884年)
  • 1841年 – フランソワ=アルフォンス・フォーレル、科学者(+ 1912年)
  • 1852年 – ホセ・グアダルーペ・ポサダ、画家、イラストレーター(+ 1913年)
  • 1859年 – ハヴロック・エリス、医師、性科学者(+ 1939年)
  • 1873年 – コンスタンティン・フォン・ノイラート、外交官、政治家(+ 1956年)
  • 1875年 – フリッツ・クライスラー、ヴァイオリニスト、作曲家(+ 1962年)
  • 1882年 – ジェームズ・ジョイス、小説家(+ 1941年)
  • 1882年 – 梨本伊都子、元皇族、梨本宮守正王の妃(+ 1976年)
  • 1885年 – ミハイル・フルンゼ、ロシア革命時のボルシェヴィキ指導者(+ 1925年)
  • 1887年 – 嶋中雄作、編集者、出版人(+ 1949年)
  • 1888年 – 木村小左衛門、政治家(+ 1952年)
  • 1888年 – 松田竹千代、政治家(+ 1980年)
  • 1891年 – アントニオ・セーニ、政治家、第4代イタリア共和国大統領(+ 1972年)
  • 1893年 – コルネリウス・ランチョス、数学者、物理学者(+ 1974年)
  • 1894年 – 片岡鉄兵、小説家(+ 1944年)
  • 1894年 – ヘンリク・アンソニー・クラマース、物理学者(+ 1952年)
  • 1895年 – 阿部豊、俳優、映画監督(+ 1977年)
  • 1895年 – ジョージ・ハラス、アメリカンフットボール選手・指導者(+ 1983年)
  • 1896年 – カジミェシュ・クラトフスキ、数学者(+ 1980年)
  • 1896年 – 鹿島守之助、外交官、政治家、鹿島建設会長(+ 1975年)
  • 1899年 – 東畑精一、経済学者、農学者(+ 1983年)
  • 1901年 – ヤッシャ・ハイフェッツ、ヴァイオリニスト(+ 1987年)
  • 1901年 – 中村翫右衛門 (3代目)、俳優、前進座共同創立者(+ 1982年)
  • 1901年 – 木村禧八郎、政治家、経済評論家(+ 1975年)
  • 1905年 – アイン・ランド、小説家(+ 1982年)
  • 1908年 – おのちゅうこう、児童文学作家、詩人(+ 1990年)
  • 1908年 – ウェス・フェレル、メジャーリーガー(+ 1976年)
  • 1910年 – アレクサンダー・ウニンスキー、ピアニスト(+ 1972年)
  • 1915年 – 二葉あき子、歌手(+ 2011年)
  • 1915年 – アバ・エバン、外交官、政治家(+ 2002年)
  • 1919年 – エルンスト=ヴィルヘルム・ライネルト、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 2007年)
  • 1922年 – 松澤宥、芸術家(+ 2006年)
  • 1923年 – アルベルト・ラフォルス・カサマダ、画家、詩人(+ 2009年)
  • 1923年 – レッド・ショーエンディーンスト、メジャーリーガー・監督
  • 1924年 – ソニー・スティット、ミュージシャン(ジャズ、サックス)(+ 1982年)
  • 1926年 – ヴァレリー・ジスカール・デスタン、フランスの大統領
  • 1927年 – スタン・ゲッツ、ミュージシャン(ジャズ、サックス)(+ 1991年)
  • 1927年 – 島原輝夫、元プロ野球選手(+ 2004年)
  • 1929年 – ヴェラ・ヒティロヴァ、映画監督(+ 2014年)
  • 1929年 – 安藤まり子、歌手
  • 1929年 – ジョン・H・ホランド、科学者(+ 2015年)
  • 1931年 – 若ノ海周治、大相撲力士・元小結(+ 1999年)
  • 1931年 – ヴァルター・ブルケルト、神話学者、宗教学者
  • 1932年 – 長沢二郎、競泳選手(+ 2010年)
  • 1932年 – 金原二郎、司会者、元日本テレビアナウンサー(+ 1997年)
  • 1933年 – タン・シュエ、ミャンマーの国家平和発展評議会議長(軍事政権トップ)
  • 1934年 – オタール・イオセリアーニ、映画監督
  • 1934年 – 小泉喜美子、推理作家、翻訳家(+ 1985年)
  • 1935年 – 野田幸男、映画監督(+ 1997年)
  • 1937年 – ドン・ビュフォード、元プロ野球選手
  • 1937年 – 張富士夫、経営者
  • 1938年 – 山崎晴哉、脚本家(+ 2002年)
  • 1940年 – トマス・M・ディッシュ、SF作家(+ 2008年)
  • 1942年 – 堀絢子、声優
  • 1944年 – 中川秀直、政治家
  • 1945年 – 舟崎克彦、作家、画家(+ 2015年)
  • 1945年 – ペーター・レーゼル、ピアニスト
  • 1946年 – 岸久美子、女優
  • 1946年 – アルファ・ウマル・コナレ、政治家
  • 1947年 – ファラ・フォーセット、女優(+ 2009年)
  • 1948年 – 蔡志忠、漫画家
  • 1949年 – おぼん、漫才師(おぼん・こぼん)
  • 1949年 – ブレント・スパイナー、俳優
  • 1949年 – 堀内護、ガロの元メンバー(+ 2014年)
  • 1950年 – 木戸修、プロレスラー
  • 1950年 – 天龍源一郎、プロレスラー
  • 1952年 – 朴槿恵、政治家、第18代韓国大統領
  • 1952年 – ラルフ・マークル、暗号研究者
  • 1953年 – ウラジミール・コバリョフ、フィギュアスケート選手
  • 1954年 – 大田弘子、経済学者
  • 1954年 – 浅野和之、俳優
  • 1956年 – 藍川由美、声楽家
  • 1958年 – 山田亘(山田わたる:山田ワタル)、ミュージシャン、ドラマー(FENCE OF DEFENSE)
  • 1959年 – 柄刀一、小説家
  • 1959年 – 玉元正男、歌手(フィンガー5)
  • 1959年 – 中原勇一、プロ野球選手
  • 1961年 – 大森望、SF評論家
  • 1961年 – 大野雄次、元プロ野球選手
  • 1962年 – 江幡和志、プロ野球選手
  • 1963年 – 寺尾常史、元大相撲力士・錣山親方
  • 1963年 – ちわきまゆみ、ミュージシャン
  • 1963年 – 内藤時浩、ゲームクリエイター
  • 1963年 – マリー=クロード・ピエトラガラ、バレエダンサー、振付家
  • 1963年 – エバ・キャシディ (Eva Cassidy)、歌手(+ 1996年)
  • 1964年 – 樋口了一、ミュージシャン
  • 1965年 – 佐野直喜、プロレスラー
  • 1966年 – 琴冠佑源正、元大相撲力士
  • 1966年 – 鶴巻和哉、アニメ監督
  • 1966年 – 馬淵よしの、飛び込み選手
  • 1967年 – ローラン・ンクンダ、コンゴ民主共和国の反政府勢力指導者
  • 1968年 – ショーン・エリオット、バスケットボール選手
  • 1968年 – 軌保博光、映画監督
  • 1969年 – ヴァレリー・カルピン、サッカー選手
  • 1971年 – 豊田清、プロ野球選手
  • 1971年 – 北岡夢子、歌手、女優
  • 1972年 – HISASHI、ミュージシャン(GLAYのギタリスト)
  • 1972年 – メルビン・モーラ、元メジャーリーガー
  • 1972年 – ダナ・インターナショナル、女性歌手
  • 1972年 – Fizzy、トランスDJ
  • 1972年 – ジャレッド・フェルナンデス、元プロ野球選手
  • 1972年 – テゴ・カルデロン、ミュージシャン
  • 1975年 – 宇治田隆史、脚本家
  • 1976年 – 井上聡、お笑いタレント(次長課長)
  • 1976年 – 遼河はるひ、元宝塚歌劇団、女優、タレント
  • 1976年 – ドラゴン・キッド、プロレスラー
  • 1977年 – 劇団ひとり、お笑いタレント
  • 1977年 – USA、ダンサー(EXILE)
  • 1977年 – シャキーラ、ミュージシャン
  • 1978年 – バリー・ファーガソン、サッカー選手・指導者
  • 1978年 – 吉原宏太、サッカー選手
  • 1978年 – クラウディオ・モレル・ロドリゲス、パラグアイのサッカー選手
  • 1978年 – 福田朋夏、フリーダイビング選手
  • 1979年 – 宮崎有妃、プロレスラー
  • 1979年 – 大島永遠、漫画家
  • 1980年 – ルイス・ナバス、野球選手
  • 1981年 – 北川弘美、女優
  • 1982年 – 堀越のり、タレント
  • 1982年 – 中村真人、プロ野球選手
  • 1983年 – 横松寿一、元プロ野球選手
  • 1983年 – カロリナ・クリュフト、陸上競技選手
  • 1983年 – 三浦永理、競艇選手
  • 1984年 – 宮地真緒、女優
  • 1984年 – 加藤士津八、騎手
  • 1984年 – 胡金龍、プロ野球選手
  • 1985年 – 桐山漣、俳優
  • 1985年 – シルヴェストレ・ヴァレラ、サッカー選手
  • 1985年 – マイケル・リーバス、歌手、タレント
  • 1986年 – 浅尾美和、ビーチバレー選手、ファッションモデル
  • 1986年 – ティファニー・ヴァイス、フィギュアスケート選手
  • 1987年 – アーロン・トンプソン、メジャーリーガー
  • 1987年 – ジェラール・ピケ、サッカー選手
  • 1988年 – トラビス・スナイダー、メジャーリーガー
  • 1988年 – マックス・パールマン、野球選手
  • 1988年 – ブラッド・ピーコック、メジャーリーガー
  • 1989年 – 水上れみ、グラビアアイドル
  • 1989年 – ローガン・ダーネル、メジャーリーガー
  • 1990年 – 島内宏明、プロ野球選手
  • 1990年 – 原田開、サッカー選手
  • 1990年 – ニック・リックレス、野球選手
  • 1990年 – ダン・ゴスリング、サッカー選手
  • 1990年 – チョン・ハナ、韓国歌手
  • 1991年 – 川久保雄基、俳優
  • 1991年 – 南羽翔平、俳優
  • 1991年 – マット・ボイド、メジャーリーガー
  • 1991年 – フランシスコ・フェメニア、サッカー選手
  • 1993年 – 吉村界人、俳優
  • 1998年 – 加藤史帆、アイドル(けやき坂46)
  • 1998年 – 古田大虎、子役
  • 1998年 – 高橋斗亜、子役
  • 1999年 – 植田碧麗、歌手、NMB48のメンバー
  • 1999年 – 坂本遥奈、アイドル(チームしゃちほこ)
  • 2000年 – 藤野涼子、女優
  • 2001年 – 牧野真莉愛、モーニング娘。のメンバー
  • 2002年 – 井東紗椰、子役
  • 2004年 – 岩本蓮加、アイドル(乃木坂46)
  • 生年不明 – 青野菜月、声優

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【花】2月2日の誕生花

スノードロップ – 花言葉は「希望」「慰め」

2月2日の誕生花 スノードロップ

春を告げる花として知られるスノードロップは、花言葉が「希望」「慰め」とポジティブで良い印象の花ですが、イギリスの一部地域ではスノードロップは死を象徴する花とされていますので、イギリス人の方に送る場合はご注意ください。

スノードロップは2月26日の誕生花でもあります。

 

パンジー – 花言葉は「もの思い」「私を思って」

2月2日の誕生花 パンジー

パンジーは7月~8月の季節には前にうなだれるように傾く事から、フランス語の「パンセ(思想)」にちなんで名付けられました。

花言葉も「思索」という花名に関する「もの思い」「私を思って」という言葉になっていますね。

 

いかがでしたか?

2月2日の朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!