4月11日は何の日?4月11日の記念日・出来事・誕生日・誕生花まとめ

4月11日 ガッツポーズの日

「4月11日は何の日?」ということで、4月11日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

  • 2019年4月11日の和暦

  • 平成31年4月11日
  • 2019年4月11日の曜日

  • 木曜日
  • 2019年4月11日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2019年4月11日の旧暦

  • 3月7日
  • 2019年4月11日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年4月11日は今年の何日目

  • 322日目
  • 2019年4月11日で今年はあと何日

  • 264日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】4月11日の日本の記念日

ガッツポーズの日

4月11日 ガッツポーズの日

1974年4月11日、ボクシングWBC世界ライト級タイトルマッチが開かれ、チャンピオンの「ロドルフォ・ゴンザレス」に対して、挑戦者である「ガッツ石松」がKO勝ちを決めたことを記念した日です。

「ガッツ石松」選手がその時取ったポーズを新聞記者が「ガッツポーズ」と名付けたことが、現在の「ガッツポーズ」の由来となっています。

 

メートル法公布記念日

4月11日 メートル法公布記念日

1921年4月11日、日本において「メートル法」が採用されたことを記念した日です。

1891年には「度量衡法(どりょうこうほう)」という、様々な物理量の測定や単位が定められた法律が制定されました。

しかし、これまでの慣習やグローバルスタンダードに影響され、度量衡法制定後の日本では「尺・貫」「メートル・キログラム」「ヤード・ポンド」という3種類の単位が乱立してしまったため、工業品規格の統一が重要視され、「メートル法」に一本化する改正法が交付されました。

 

【記念日・世界】4月11日の世界の記念日

メーリバス戦勝記念日(フアン・サンタマリーアの日):コスタリカ

4月11日 メーリバス戦勝記念日(フアン・サンタマリーアの日):コスタリカ

1856年4月11日、コスタリカ軍がニカラグア軍に対して「第二次リバスの戦い」において勝利を収めたことを記念した日です。

「第二次リバスの戦い」において、劇的な最期を遂げた「フアン・サンタマリーア」は、コスタリカにおける英雄として知られています。

 

スポンサードサーチ

【歴史】4月11日に起きた出来事・事件

「甲武鉄道」の開業:1889年

4月11日 「甲武鉄道」の開業:1889年

現在の「中央本線」である「甲武鉄道」が開業したのは、1889年4月11日です。

当初は新宿・立川間の輸送を行っていましたが、8月には立川から八王子が、1894年には新宿から牛込までが開通し、徐々にその長さが増していきました。

1906年10月1日に国有化され、中央本線の一部となりました。

 

「王貞治」選手デビュー:1959年

日本プロ野球のレジェンドであり、通算本塁打数世界1位(868本)という偉大な記録を保持されている「王貞治(おうさだはる)」選手がデビューしたのは、1959年4月11日のことです。

デビュー戦の相手ピッチャーは伝説の400勝投手「金田正一(かねだしょういち)」選手で、この日の記録は3打席2三振1四球という結果になっています。

「一本足打法」と呼ばれる独特の打法が有名で、読売ジャイアンツの「V9(9回連続リーグ優勝)」の立役者となり、日本で初めて「国民栄誉賞」を授与されるなど、その活躍はまさに伝説と呼んで過言ありません。

ちなみに、「ON砲」と呼ばれた相方の「長嶋茂雄(ながしましげお)」さんのデビュー戦である1958年4月5日でも、「金田正一」選手が登板しています。

 

スマトラ島沖地震:2012年

インドネシアにある「スマトラ島沖」で、マグニチュード8.7という非常に強い地震により、多くの犠牲者が出た2012年の「スマトラ島沖地震」が発生したのは、2012年4月11日のことです。

「スマトラ島沖地震」は2000年から頻繁に起きており、マグニチュード7.0以上を記録したものは合計で11回もあります。

 

【誕生日】4月11日生まれの有名人・芸能人

  • 145年 – セプティミウス・セウェルス、ローマ皇帝(+ 211年)
  • 1230年(寛喜2年2月27日) – 北条長時、鎌倉幕府第6代執権(+ 1264年)
  • 1348年 – アンドロニコス4世パレオロゴス、東ローマ帝国皇帝(+ 1385年)
  • 1357年 – ジョアン1世、ポルトガル王国創始者(+ 1433年)
  • 1492年 – マルグリット・ド・ナヴァル、詩人(+ 1549年)
  • 1749年 – アデライド・ラビーユ=ギアール、画家(+ 1803年)
  • 1755年 – ジェームズ・パーキンソン、医学者(+ 1824年)
  • 1770年 – ジョージ・カニング、イギリス首相(+ 1827年)
  • 1788年(天明8年3月6日) – 板倉勝氐、大名(+ 1806年)
  • 1794年 – エドワード・エヴァレット、第20代アメリカ合衆国国務長官(+ 1865年)
  • 1798年 – マセドニオ・メローニ、物理学者(+ 1854年)
  • 1810年 – ヘンリー・ローリンソン、楔形文字を解読(+ 1895年)
  • 1819年 – チャールズ・ハレ、ピアニスト、指揮者(+ 1895年)
  • 1825年 – フェルディナント・ラッサール、政治学者(+ 1864年)
  • 1850年(嘉永3年2月29日) – 林董、外交官(+ 1913年)
  • 1862年 – チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ、政治家、法律家(+ 1948年)
  • 1862年 – リチャード・オースティン・フリーマン、医師、推理作家(+ 1943年)
  • 1880年 – 佐野利器、建築家(+ 1956年)
  • 1883年 – 穂積重遠、民法学者(+ 1951年)
  • 1885年 – 正力松太郎、読売新聞社主(+ 1969年)
  • 1893年 – ディーン・アチソン、第51代アメリカ合衆国国務長官(+ 1971年)
  • 1895年 – 中里無庵、陶芸家(+ 1985年)
  • 1900年 – 中村汀女、俳人(+ 1988年)
  • 1902年 – 小林秀雄、文芸評論家(+ 1983年)
  • 1902年 – 東畑謙三、建築家(+ 1998年)
  • 1903年 – 金子みすゞ、童謡詩人(+ 1930年)
  • 1903年 – 橋本夢道、俳人(+ 1974年)
  • 1908年 – カレル・アンチェル、指揮者(+ 1973年)
  • 1908年 – レオ・ロステン、作家、政治学者(+ 1997年)
  • 1908年 – 井深大、経営者(+ 1997年)
  • 1908年 – 田中澄江、劇作家(+ 2000年)
  • 1911年 – 間中喜雄、外科医、東洋医学者(+ 1989年)
  • 1916年 – 高橋英辰、サッカー選手、指導者(+ 2000年)
  • 1916年 – アルベルト・ヒナステラ、作曲家(+ 1983年)
  • 1920年 – 楢崎弥之助、政治家(+ 2012年)
  • 1920年 – エミリオ・コロンボ、政治家(+ 2013年)
  • 1921年 – 田村芳朗、仏教学者、僧侶(+ 1989年)
  • 1921年 – 山根寿子、女優(+ 1990年)
  • 1924年 – 三木のり平、俳優(+ 1999年)
  • 1924年 – ブルース・C・ヘーゼン、海洋学者(+ 1977年)
  • 1929年 – 竹西寛子、作家
  • 1930年 – アントン・ラヴェイ、宗教家(+ 1997年)
  • 1931年 – すぎやまこういち、作曲家
  • 1932年 – 高史明、作家、評論家
  • 1933年 – 中西太、プロ野球選手、プロ野球監督
  • 1933年 – ジャック・ラドラ、プロ野球選手
  • 1934年 – 斎田忠利、プロ野球選手
  • 1935年 – ダン池田、バンドリーダー(+ 2007年)
  • 1936年 – 田中尊、プロ野球選手(+ 2005年)
  • 1937年 – 青木新門、作家、詩人
  • 1937年 – 加山雄三、歌手、俳優
  • 1938年 – 猪俣公章、作曲家(+ 1993年)
  • 1938年 – 藤本正一、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1940年 – トマス・ハリス、小説家
  • 1940年 – 加堂秀三、作家(+ 2001年)
  • 1940年 – 早瀬方禧、プロ野球選手(+ 2012年)
  • 1941年 – 青山丘、政治家(+ 2019年)
  • 1942年 – 吉野伊佐男、吉本興業代表取締役会長
  • 1943年 – 池水通洋、声優
  • 1943年 – ハーリー・レイス、プロレスラー
  • 1944年 – ジョン・ミリアス、映画監督、脚本家
  • 1945年 – 堀紘一、経営コンサルタント
  • 1945年 – ジョン・クレブス、生物学者
  • 1946年 – 三遊亭歌司、落語家
  • 1946年 – 水谷宏、プロ野球選手
  • 1947年 – 小島太、騎手、調教師
  • 1948年 – マルチェロ・リッピ、元サッカー選手、サッカーイタリア代表監督
  • 1948年 – 山本益博、料理評論家
  • 1949年 – 武田鉄矢、歌手、俳優
  • 1949年 – 古賀正明、プロ野球選手
  • 1949年 – 小田芳男、プロ野球選手
  • 1950年 – 松本純、政治家
  • 1950年 – 紀比呂子、女優
  • 1950年 – 詫摩和文、プロ野球選手
  • 1950年 – 加藤譲司、プロ野球選手
  • 1952年 – 石田真敏、政治家
  • 1952年 – しばたはつみ、歌手(+ 2010年)
  • 1952年 – 芦岡俊明、プロ野球選手
  • 1952年 – 池畑満也、プロ野球選手
  • 1953年 – アンドリュー・ワイルズ、数学者
  • 1953年 – 拡森信吾、俳優、声優
  • 1955年 – 山村善則、プロ野球選手
  • 1956年 – 辛坊治郎、ニュースキャスター
  • 1956年 – 居郷肇、野球選手
  • 1956年 – 入沢淳、プロ野球選手
  • 1958年 – 岡部憲章、プロ野球選手
  • 1958年 – スチュアート・アダムソン、歌手(+ 2001年)
  • 1958年 – 谷良治、プロ野球選手
  • 1958年 – 池田尊弘、宗教家
  • 1959年 – 秋山勝彦、ミュージシャン(元P-MODEL)
  • 1960年 – ジェレミー・クラークソン、テレビ司会者、ジャーナリスト
  • 1960年 – 叶木翔子、声優
  • 1960年 – 川野太郎、俳優
  • 1960年 – 富沢順、漫画家
  • 1960年 – 中島浩人、プロ野球選手
  • 1961年 – 角田信朗、空手家
  • 1961年 – ときた洸一、漫画家
  • 1962年 – ヴィンセント・ギャロ、俳優、ミュージシャン、画家
  • 1964年 – 土井裕泰、演出家
  • 1964年 – ブレット・セイバーヘイゲン、メジャーリーガー
  • 1965年 – 永野椎菜、音楽プロデューサー、作詞家
  • 1965年 – 岩本千春、女優
  • 1966年 – 一条和矢、声優
  • 1966年 – 手塚一郎、小説家、ゲームシナリオライター、ゲームライター
  • 1967年 – 桧山泰浩、プロ野球選手、司法書士
  • 1967年 – イゴール・ヤロシェンコ、フィギュアスケート選手
  • 1968年 – 岡林洋一、プロ野球選手
  • 1968年 – 古賀久美子、アナウンサー、ニュースキャスター
  • 1969年 – 森高千里、歌手
  • 1969年 – 新井潔、プロ野球選手、社会人野球コーチ
  • 1969年 – 寺田千恵、ボートレーサー
  • 1970年 – 尾山敦、プロ野球選手
  • 1970年 – 増田学、雑誌編集者
  • 1970年 – ジョー・ビティエロ、プロ野球選手
  • 1970年 – ショーン・バーグマン、プロ野球選手
  • 1971年 – 香田誉士史、学生野球監督
  • 1971年 – 樋口尚也、政治家
  • 1972年 – ジェイソン・バリテック、メジャーリーガー
  • 1972年 – 桜井邦彦、アイスホッケー選手
  • 1972年 – bice(ビーチェ)、音楽家(+ 2010年)
  • 1972年 – 渡辺憲司、アナウンサー
  • 1973年 – 南真一郎、プロ野球選手
  • 1973年 – トミ・コイヴサーリ、ヘヴィメタルミュージシャン
  • 1973年 – 味園博和、プロ野球選手
  • 1974年 – 露崎春女、歌手
  • 1974年 – 熊前知加子、バレーボール選手
  • 1974年 – アレックス・コレチャ、テニス選手
  • 1974年 – アレクザンダー・クオファラ、ヘヴィメタルミュージシャン
  • 1975年 – ヤン・”ザ・ジャイアント”・ノルキヤ、キックボクサー
  • 1976年 – KUMI、歌手(LOVE PSYCHEDELICO)
  • 1976年 – 筒井正也、プロ野球選手
  • 1976年 – 琴光喜啓司、大相撲力士
  • 1976年 – ケルビム・エスコバー、元メジャーリーガー
  • 1977年 – カケフくん、子役
  • 1978年 – 松井陽子、フリーアナウンサー
  • 1978年 – 鴨志田一、ライトノベル作家
  • 1978年 – ジョシュ・ハンコック、メジャーリーガー(+ 2007年)
  • 1979年 – 広田周、ドラマー(TRIPLANE)
  • 1980年 – マーク・テシェイラ、メジャーリーガー
  • 1980年 – いとうまゆ、ダンスインストラクター(『おかあさんといっしょ』4代目たいそうのおねえさん)
  • 1980年 – 玉田圭司、サッカー選手
  • 1981年 – 中沢純子、タレント
  • 1981年 – 鶴岡慎也、プロ野球選手
  • 1981年 – 柳田美幸、サッカー選手
  • 1981年 – 小野綾子、歌手
  • 1983年 – 川内亨、ミュージシャン(12012ドラムス)
  • 1983年 – 境澤賢一、大相撲力士
  • 1983年 – 村上純平、野球選手
  • 1984年 – 廣田遥、トランポリン選手
  • 1984年 – ケリ・ガーナー、女優
  • 1984年 – アンドレス・ブランコ、メジャーリーガー
  • 1984年 – ニコラ・カラバティッチ、ハンドボール選手
  • 1984年 – アレハンドロ・デアザ、メジャーリーガー
  • 1985年 – 豊田陽平、サッカー選手
  • 1985年 – 伊達秀晃、陸上競技選手
  • 1986年 – ロマン・ハート(英語版)、ポルノ男優
  • 1987年 – ジョス・ストーン、ミュージシャン
  • 1987年 – 山内秀一、タレント
  • 1987年 – 三井淳平、日本人初のレゴ認定プロビルダー
  • 1988年 – 前田健太、プロ野球選手
  • 1988年 – 石川歩、プロ野球選手
  • 1988年 – 副島貴司、サッカー選手
  • 1988年 – 一真、俳優、歌手
  • 1989年 – 丸佳浩、プロ野球選手
  • 1989年 – エドアルド・パッツァーリ、サッカー選手
  • 1990年 – 江澤璃菜、女優
  • 1990年 – 桜木梨奈、女優
  • 1990年 – 戸柱恭孝、プロ野球選手
  • 1990年 – 最上莉奈、声優
  • 1990年 – 大塚翔平、サッカー選手
  • 1990年 – チュラニ・セレロ、サッカー選手
  • 1990年 – アンソニー・フィリップス、メジャーリーガー
  • 1991年 – 真野恵里菜、歌手
  • 1991年 – 岸明日香、グラビアアイドル
  • 1997年 – 和田昌士、サッカー選手

※引用:Wikipedia

 

スポンサードサーチ

【花】4月11日の誕生花

ヒヤシンス – 花言葉は「スポーツ」「ゲーム」「遊び」「悲しみを超えた愛」

2月6日の誕生花 ヒヤシンス

 

 

 

 

以上、4月11日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!