12月7日は何の日?12月7日の記念日・出来事などをまとめました!

12月7日 クリスマスツリーの日

「12月7日は何の日?」ということで、12月7日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の12月7日の六曜・お日柄も掲載しています。

  • 2019年12月7日の和暦

  • 平成31年12月7日
  • 2019年12月7日の曜日

  • 土曜日
  • 2019年12月7日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2019年12月7日の旧暦

  • 11月11日
  • 2019年12月7日の二十四節気

  • 大雪
  • 2019年12月7日は今年の何日目

  • 322日目
  • 2019年12月7日で今年はあと何日

  • 24日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

スポンサードサーチ

【記念日・日本】12月7日の日本の記念日

クリスマスツリーの日

12月7日 クリスマスツリーの日

1886年12月7日に、横浜・明治屋で外国人船員のために日本で初めてクリスマスツリーが飾られたことに由来して制定されました。

ちなみに日本で初めてクリスマスのお祝いが行われたのは、1875年頃、原胤昭(はらたねあき)が設立した原女学校だと言われています。

世界においては、1419年にドイツのフライブルクで、パン職人の信心会が聖霊救貧院にツリーを飾ったことが世界初のクリスマスツリーだとされています。

神戸開港記念日

12月7日 神戸開港記念日

神戸港が外国船の停泊地として開港したのは1868年1月1日ですが、旧暦では慶応3年12月7日でしたので、神戸市が12月7日を開港記念日と制定しました。(1月1日も「神戸港記念日」として制定されています)

開港当時は「兵庫港」と呼ばれていましたが、4年後の1872年(明治4年)に「神戸港」と正式に改称されました。

神戸港は外国船の停泊地として発展し、横浜港と並んで二大国際貿易港となり、現在に至ります。

2017年1月には開港150年を祝し、「神戸開港150年記念事業」が実施されています。

 

【記念日・世界】12月7日の世界の記念日

国際民間航空デー

12月7日 国際民間航空デー

国際デーの1つで、1944年12月7日にICAOの設立を定めた「国際民間航空条約」の署名が行われたことを記念して制定されました。

1992年の国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization: ICAO)総会で制定し、1994年から実施されています。

ICAOは国連の専門機関の1つで、加盟国間の協力、世界の航空界との協力のためのグローバルなフォーラムとしての役割を果たす組織です。

 

スポンサードサーチ

【歴史】12月7日に起きた出来事・事件

  • 紀元前43年 – キケロが暗殺される。
  • 771年(宝亀2年10月27日) – 東山道の武蔵国を東海道に編入。
  • 1732年 – ロンドン・コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスが開場。
  • 1787年 – デラウェア州がアメリカ合衆国憲法を批准した第1の州になる。
  • 1798年 – スイスの教育者・ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチが孤児院を開設。
  • 1800年(寛政12年10月21日) – 伊能忠敬が日本地図の作成を開始。
  • 1835年 – ドイツ初の鉄道、バイエルン王国(ニュルンベルク – フュルト間)で開業
  • 1857年(安政4年10月21日)- ハリス駐日アメリカ総領事が江戸城に登城、江戸幕府13代将軍徳川家定に謁見。
  • 1867年 – 天満屋事件。陸奥湯之助及び中井庄五郎らが三浦休太郎を暗殺するために討ち入り。
  • 1917年 – 第一次世界大戦: アメリカがオーストリア=ハンガリー帝国に宣戦布告。
  • 1917年 – 野田醤油(現:キッコーマン)設立。
  • 1941年 – 第二次世界大戦: 真珠湾攻撃。(米国時間)
  • 1944年 – 昭和東南海地震。
  • 1948年 – 昭和電工事件: 芦田均前首相を逮捕。
  • 1949年 – 国共内戦: 蒋介石が中華民国の首都機能を台湾・台北に移す。
  • 1950年 – 池田勇人蔵相が米価問題についての答弁で「貧乏人は麦を食え」と発言し問題化。
  • 1952年 – 鹿地事件: 1年前から行方不明になっていた作家・鹿地亘が東京の自宅に戻り、アメリカの諜報機関・キャノン機関に拉致監禁されていたと語る。
  • 1954年 – 第5次吉田内閣が総辞職。
  • 1955年 – 長崎市とアメリカ合衆国セントポール市の都市提携成立。日本初の姉妹都市。
  • 1958年 – 東京タワー公開開始。営業開始は12月23日。
  • 1961年 – 秋田県秋田市でニセ千円札事件(チ-37号事件)発生。
  • 1965年 – 東西教会の分裂: ローマ教皇とコンスタンディヌーポリ総主教が911年にわたる相互の破門を解消。
  • 1969年 – 福岡県の国鉄幸袋線がこの日の運転限りで廃止。
  • 1972年 – 7度目かつ最後の有人月宇宙船「アポロ17号」が打ち上げ。
  • 1975年 – インドネシアが東ティモールに侵攻。
  • 1988年 – アルメニア地震発生。
  • 1988年 – 長崎市の本島等市長が市議会で、天皇に戦争責任があると発言。
  • 1995年 – アメリカの木星探査機「ガリレオ」が木星軌道に投入。
  • 1997年 – 介護保険法公布。
  • 1999年 – オウム真理教規制を目的とした団体規制法が公布。27日施行。
  • 1999年 – 年金改正法成立。
  • 1999年 – アメリカレコード協会 (RIAA) が、ファイル共有サービスNapsterに対し著作権を侵害しているとして提訴。
  • 2001年 – 文化芸術振興基本法施行。
  • 2002年 – 「K-1 WORLD GP 2002 決勝戦」が主催者発表で観客動員74,500人を記録し、東京ドームにおける最多観客動員記録を作る。
  • 2004年 – ハーミド・カルザイがアフガニスタン大統領に就任。
  • 2006年 – 任天堂の据え置き型ゲーム機、Wiiが豪州で発売開始。
  • 2007年 – ヘーベイ・スピリット号原油流出事故
  • 2012年 – 三陸沖地震が発生し、死傷、建物の一部損壊などの被害が出たほか、津波も観測された。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震とされている。
  • 2015年 – 日本の金星探査機「あかつき」が金星の周回軌道に投入される。

※引用:Wikipedia

【誕生日】12月7日生まれの有名人

  • 1561年(永禄4年11月1日) – 吉川広家、周防国岩国領の初代領主(+ 1625年)
  • 1592年(文禄元年/万暦20年11月4日) – 隠元隆琦、禅僧、日本黄檗宗の開祖(+ 1673年)
  • 1598年 – ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ、彫刻家、画家、建築家(+ 1680年)
  • 1773年(安政2年10月24日) – 徳川治紀、常陸国水戸藩の第7代藩主(+ 1816年)
  • 1805年 – ロベール・ウーダン、マジシャン(+ 1871年)
  • 1823年 – レオポルト・クロネッカー、数学者(+ 1891年)
  • 1847年 – ディーコン・ホワイト、メジャーリーガー(+ 1939年)
  • 1849年(嘉永2年10月23日) – 西園寺公望、第12・14代内閣総理大臣(+ 1940年)
  • 1863年 – ピエトロ・マスカーニ、作曲家、指揮者(+ 1945年)
  • 1872年 – ヨハン・ホイジンガ、歴史家(+ 1945年)
  • 1878年 – 与謝野晶子、作家、歌人、女性解放思想家、フェミニスト(+ 1942年)
  • 1888年 – 草鹿任一、海軍中将(+ 1972年)
  • 1889年 – ガブリエル・マルセル、劇作家、哲学者(+ 1973年)
  • 1905年 – 矢数道明、医師、医史学者(+ 2002年)
  • 1906年 – 松井潤子、女優(+ 1989年)
  • 1907年 – エドウィン・アラン・ライトナー、外交官(+ 1990年)
  • 1912年 – 舟越保武、彫刻家(+ 2002年)
  • 1915年 – イーライ・ウォラック、俳優(+ 2014年)
  • 1920年 – ヴァルター・ノヴォトニー、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1944年)
  • 1926年 – イングリッド・チューリン、女優(+ 2004年)
  • 1926年 – 7代式守錦之助、大相撲行司(+ 1995年)
  • 1928年 – ノーム・チョムスキー、哲学者・言語学者
  • 1930年 – 明石一、声優、ナレーター
  • 1930年 – 俵萌子、評論家(+ 2008年)
  • 1931年 – ジェームズ・グローガン、フィギュアスケート選手(+ 2000年)
  • 1940年 – 園田光慶、漫画家(+ 1997年)
  • 1941年 – 清水聖義、群馬県太田市長
  • 1942年 – アレックス・ジョンソン、プロ野球選手(+ 2015年)
  • 1946年 – 前田正、郵政政務次官経験者(+ 2013年)
  • 1947年 – ジョニー・ベンチ、元メジャーリーガー
  • 1948年 – 森下洋子、バレリーナ
  • 1949年 – さだやす圭、漫画家
  • 1949年 – トム・ウェイツ、ミュージシャン、俳優
  • 1950年 – 岡千秋、作曲家、演歌歌手
  • 1951年 – ポール・デード、元プロ野球選手
  • 1953年 – 水谷新太郎、元プロ野球選手
  • 1954年 – 元木泰雄、京都大学教授、日本中世史
  • 1954年 – 古舘伊知郎、フリーアナウンサー、キャスター
  • 1956年 – 鳳凰倶往、元大相撲力士
  • 1957年 – 森博嗣、推理作家
  • 1958年 – 篠宮愼一、元プロ野球審判
  • 1959年 – すぎ恵美子、漫画家(+ 2007年)
  • 1961年 – 滝本晃司、ミュージシャン(元たま)
  • 1963年 – 角田美喜、ミュージシャン(SHOW-YA)
  • 1963年 – 寺田克也、イラストレーター
  • 1963年 – シェーン・マック、元プロ野球選手
  • 1963年 – 平塚利男、発明家
  • 1964年 – 菊地英昭、ギタリスト(THE YELLOW MONKEY)
  • 1965年 – 尾美としのり、俳優
  • 1965年 – 香川照之、俳優
  • 1965年 – 植田至紀、政治家
  • 1966年 – 伊藤かずえ、女優
  • 1966年 – 河奈さつき、フリーアナウンサー
  • 1966年 – 川越透、元プロ野球選手
  • 1967年 – ティノ・マルティネス、元メジャーリーガー
  • 1968年 – 山中さわお、歌手(the pillows)
  • 1970年 – 筒井はじめ、芸術家
  • 1971年 – 林泰文、俳優
  • 1973年 – ホーキング青山、お笑いタレント
  • 1973年 – 高木大成、元プロ野球選手
  • 1974年 – いしだ壱成、俳優
  • 1975年 – 長田悠幸、漫画家
  • 1975年 – 鈴木拓、お笑いタレント(ドランクドラゴン)
  • 1975年 – 松尾諭、俳優
  • 1975年 – 倉垣翼、プロレスラー
  • 1976年 – 石井秀仁、ミュージシャン(cali≠gari、Goatbed)
  • 1978年 – 佐藤康恵、モデル、女優
  • 1979年 – 市川寛子、テレビ朝日アナウンサー
  • 1979年 – 大出佐智子、ラジオパーソナリティ
  • 1979年 – 藤谷文子、女優、作家
  • 1979年 – ライアン・テリオ、メジャーリーガー
  • 1980年 – 佐藤友哉、作家
  • 1980年 – ジョン・テリー、サッカー選手
  • 1981年 – 松藤裕子、タレント
  • 1981年 – 深野琴美、舞台女優、モデル
  • 1981年 – 文倉十、イラストレーター
  • 1982年 – 比嘉幹貴、プロ野球選手
  • 1983年 – 宮本笑里、ヴァイオリニスト
  • 1984年 – ロバート・クビサ、F1レーサー
  • 1984年 – リュドミラ・ネリディナ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 – 龔柯允(カレン・コン)、歌手
  • 1985年 – ジョナサン・グッド、プロレスラー
  • 1986年 – 青松敬鎔、プロ野球選手
  • 1987年 – アーロン・カーター、歌手、俳優
  • 1988年 – エミリー・ブラウニング、女優
  • 1990年 – 水津瑠美、フィギュアスケート選手
  • 1990年 – 清家大葵、サッカー選手
  • 1990年 – 阿部幸音、バスケットボール選手
  • 1990年 – ダビド・ゴフィン、テニス選手
  • 1990年 – ヤシエル・プイグ、メジャーリーガー
  • 1990年 – アレクサンドル・メンコフ、陸上競技選手
  • 1990年 – ウルシュラ・ラドワンスカ、テニス選手
  • 1991年 – 桜田通、俳優
  • 1991年 – ソニア・ラフエンテ、フィギュアスケート選手
  • 1993年 – 永尾亜子、フジテレビアナウンサー
  • 1994年 – 羽生結弦、フィギュアスケート選手
  • 1995年 – 藤咲彩音、アイドル(でんぱ組.inc)
  • 2000年 – 前田旺志郎(まえだまえだ)、子役
  • 2001年 – 山下彩耶、 アイドル(夢みるアドレセンス)
  • 2003年 – カタリナ=アマリア・ファン・オラニエ=ナッサウ、オランダ皇太女

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【花】12月7日の誕生花

シクラメン- 花言葉は「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」

12月7日の誕生花 シクラメン

花名のシクラメンは、受粉後に茎が螺旋状に丸まる性質から、ギリシア語のキクロス(螺旋、円)が語源になっています。

ヨーロッパでは豚がシクラメンの根を掘って食べることから「豚のパン」とも呼ばれるため、日本でも「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」の別名があります。

色によって花言葉が異なり、

白いシクラメンの花言葉は「清純」、ピンクのシクラメンの花言葉は「憧れ」「内気」、赤いシクラメンの花言葉は「嫉妬」です。

 

ヒイラギ- 花言葉は「用心深さ」「先見の明」「保護」「剛直」「歓迎」

12月7日の誕生花 ヒイラギ

ヒイラギの花言葉の「用心深さ」「剛直」の由来は、柊の葉の先端部分が尖っていてトゲのようであることからと言われています。

ちなみに、「ヒイラギ」という花名の語源は、ひりひり痛むを意味する「疼ぐ(ひひらぐ)」と言われています。

 

いかがでしたか?

12月7日の朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!