2月10日は何の日?2月10日の記念日・出来事などをまとめました!

2月10日 「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売:1988年

「2月10日は何の日?」ということで、2月10日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の2月10日の六曜・お日柄も掲載しています。2月10日は語呂合わせの記念日がとても多いですね。

  • 2019年2月10日の和暦

  • 平成31年2月10日
  • 2019年2月10日の曜日

  • 日曜日
  • 2019年2月10日の六曜・お日柄

  • 赤口
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 先勝
  • 2019年2月10日の旧暦

  • 1月6日
  • 2019年2月10日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年2月10日は今年の何日目

  • 263日目
  • 2019年2月10日で今年はあと何日

  • 324日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】2月10日の日本の記念日

海の安全祈念日

2月10日 海の安全祈念日

2001年2月10日、愛媛県立宇和島水産高等学校の漁業練習船「えひめ丸」がハワイ州オアフ島沖で、アメリカ海軍の原子力潜水艦と衝突してしまい、35名の乗務員のうち9名が死亡してしまった通称「えひめ丸事故」が発生しました。

この事故を受け、海での事故がなくなるようにと安全を記念するために2003年に全国水産高校長協会が制定しました。

余談ですが、この事故が起きた当時の森喜朗首相は休暇中でゴルフを行っていましたが、事故の報告を聞いた後もそのままゴルフ場に留まったことで批判を集め、結局は辞任する要因となってしまいました。

 

簿記の日

2月10日 簿記の日

1873年2月10日、日本初の洋式簿記書であり、現在の簿記の原点である「帳合之法(ちょうあいのほう)」が福沢諭吉により刊行されたことを記念した日です。

その後、この「帳合之法」を使った講習所が開かれ、日本に簿記が広まっていきます。

 

ニットの日

2月10日 ニットの日

「ニ(2)ット(10)」の語呂合わせで、1988年に「横浜手作りニット友の会」が制定しました。

6年後には「日本ニット工業組合連合会」もこの日を「ニットの日」として制定し、全国的な記念日になりました。

 

ニートの日

2月10日 ニートの日

ニットの日と同じ語感で、「ニ(2)ート(10)」の語呂合わせです。

最初は巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」で叫ばれていただけでしたが、「NPO法人ニュースタート事務局」により正式に制定されました。

ニュースタート事務局は毎年「ニート祭り」というイベントを主催していて、元ニートの本音を伝える「朗読会」や「トークライブ」が開かれます。

 

ふきのとうの日

2月10日 ふきのとうの日

「ふ(2)きのとう(10)」という語呂合わせで1993年に制定されました。

制定したのは「ふるさとプラザ」という、宮城県古川市の特産品を販売する複合ビル内の「ササニシキ資料館」です。

ふきのとうは「フキ」という植物の蕾の状態で、天ぷら・味噌汁・煮物などにして食べると美味しいですね。

 

太物(ふともの)の日

2月10日 太物(ふともの)の日

「ふ(2)と(10)もの」の語呂合わせで、呉服店「株式会社こだま」が提唱を始め、制定されました。

太物とは綿・麻・ウールなど、太い糸から織られる着物のことを言います。

似たような日として、5月29日の「呉服の日」、11月15日の「着物の日」があります。

 

豚丼の日

2月10日 豚丼の日

「ぶ(2)たどん(10)」の語呂合わせで、2010年に北海道の食品メーカー「株式会社ソラチ」が制定しました。

豚丼には2005年の牛肉不足による牛丼の代替品として登場した豚丼と、北海道の十勝の郷土料理としての豚丼の二種類があります。

十勝豚丼(帯広系豚丼とも呼ばれる)はうな丼のように、豚肉を砂糖醤油・ニンニク・生姜などのタレで煮詰めた豚丼で、今でも親しまれています。

筆者もこのタイプの豚丼の方が好きです。

 

封筒の日

2月10日 封筒の日

「ふう(2)とう(10)」の語呂合わせの記念日です。

2017年に紙製品メーカーである「株式会社ムトウユニパック」が封筒・手紙文化の良さを広めるために制定した、わりかし新し目な記念日です。

 

ふとんの日

2月10日 ふとんの日

「ふ(2)とん(10)」の語呂合わせから、「全日本寝具寝装品協会」が1997年に制定しました。

しかし、2010年には秋から冬に差し掛かる10月10日を「ふとんの日」(10が2つ続いてふとん)として変更しているため、今では使われていません。

 

【歴史】2月10日に起きた出来事・事件

パリ平和条約調印:1947年

2月10日 パリ平和条約調印:1947年

1947年2月10日に調印された「パリ平和条約」は、第二次世界大戦の平和条約の中の1つです。

連合国21カ国と、日本とドイツを除いた枢軸国5カ国(イタリア・フィンランド・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア)とが結んだ条約です。

ちなみに、1763年に「七年戦争」というヨーロッパ・アメリカ・アジア・アフリカなどの大規模範囲で起きた戦争が終結したのも、この日に調印された「パリ条約」が要因です。

 

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売:1988年

2月10日 「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売:1988年

国民的大ヒットゲーム「ドラゴンクエスト」の3作目、「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売されたのは、1988年2月10日のことでした。

1作目・2作目のドラクエ1・ドラクエ2で既に莫大な人気を得ていたドラクエシリーズですが、3作目である本作にかかる期待は尋常なものではなく、キャッチコピーの「触れたら最後、日本全土がハルマゲドン」の文字通り、日本中に社会現象を起こしました。

1988年2月10日は平日の水曜日で、本来であれば学校や会社がある学生・サラリーマンもいたのですが、発売日前日にはゲームショップ前に徹夜で長蛇の列ができ、ビックカメラ池袋東口店ではなんと1万人を超えるほどの大行列となり、新聞やニュース番組でも取り上げられました。

1988年2月10日 ドラクエ3発売日

中には当然ソフトを購入することができなかった人もいて、カツアゲや暴行・恐喝などの犯罪行為が多発しました。

その期待値に相応しいほどのゲームの完成度から、日本における売上本数は380万本で、日本の歴代ゲーム売上本数でもトップクラスです。

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」はその後、1996年にスーパーファミコン版が、2000年にはゲームボーイ版がリメイクとして発売され、その後は携帯アプリ・Wii・スマホ・PS4・3DSなど、多岐にわたるゲーム機で遊ぶことができます。

30年前のゲームではありますが、リメイク版でも未だに根強い人気を誇るゲーム史に残る傑作です。

 

2月10日のその他の事件・出来事

  • 1258年 – バグダードが陥落してバグダードの戦いが終結。アッバース朝が滅亡する。
  • 1606年(ユリウス暦1月31日) – 火薬陰謀事件の実行責任者ガイ・フォークスが首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑で処刑される。
  • 1635年 – フランスでアカデミー・フランセーズ設立。
  • 1653年(承応2年1月13日) – 江戸幕府が町人建議による水路(のちの玉川上水)の着工を許可する。
  • 1763年 – パリ条約が調印され、七年戦争・フレンチ・インディアン戦争が終結する。
  • 1840年 – イギリス女王ヴィクトリアとザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバートが結婚。
  • 1870年 – ニューヨークでアメリカYWCAが設立される。
  • 1906年 – 英海軍の戦艦「ドレッドノート」が進水。
  • 1921年 – 宮中某重大事件: 宮内省が裕仁親王(昭和天皇)と良子女王(香淳皇后)の婚約に変更がないことを発表する。
  • 1937年 – 中国共産党が中国国民党に第二次国共合作を提議。
  • 1940年 – 津田左右吉の『古事記及日本書紀の研究』『神代史の研究』などが、記紀を批判し皇室を冒涜しているとして発禁となる。
  • 1942年 – グレン・ミラーが、「チャタヌーガ・チュー・チュー」の120万枚発売を記念して史上初のゴールドディスクを授与される。
  • 1947年 – 連合国21か国と日独を除く旧枢軸国5か国が第二次世界大戦講和のためのパリ平和条約に調印。
  • 1948年 – ソ連でジダーノフ批判が始まる。
  • 1949年 – 片山内閣が総辞職を表明。
  • 1949年 – ニューヨークでアーサー・ミラーの戯曲『セールスマンの死』が初演。
  • 1962年 – U-2撃墜事件でソ連に拘留されていたアメリカの軍人フランシス・ゲーリー・パワーズと、アメリカで収監されていたソ連のスパイルドルフ・アベルが交換によりそれぞれ釈放される。
  • 1963年 – 北九州5市(門司市・小倉市・戸畑市・八幡市・若松市)の合併により北九州市が発足。
  • 1964年 – オーストラリア海軍の航空母艦メルボルンと駆逐艦ヴォイジャーが衝突。ヴォイジャーは沈没し、82名の死者を出す。
  • 1965年 – 自衛隊が極秘に行っていた机上作戦演習「三矢研究」が衆議院で取り上げられ問題化。
  • 1967年 – アメリカ合衆国憲法修正第25条の批准が完了。
  • 1976年 – 本田技研工業がミニバイク「ロードパル」を発売開始。
  • 1988年 – ファミコンソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』発売。
  • 1991年 – 日本オリエンテーリング委員会が社団法人化、日本オリエンテーリング協会設立。
  • 1993年 – 高エネルギー物理学研究所(KEK, 現在の高エネルギー加速器研究機構)が日本最初のホームページ http://kekux.kek.jp/kek.html を開設。
  • 1996年 – IBMのコンピュータ・ディープ・ブルーがチェスチャンピオンのガリー・カスパロフに初勝利。
  • 1996年 – 北海道の豊浜トンネルで岩盤崩落、20人死亡。
  • 1997年 – 神戸連続児童殺傷事件発生。
  • 1998年 – W3CがXML 1.0を勧告。
  • 2000年 – 宇宙科学研究所のM-Vロケット4号機によるX線天文衛星「ASTRO-E」の打ち上げに失敗。
  • 2006年 – 第20回冬季オリンピック、トリノ大会開催。2月26日まで。
  • 2008年 – 崇礼門放火事件
  • 2009年 – 2009年人工衛星衝突事故

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【誕生日】2月10日生まれの有名人

  • 1118年(元永元年1月18日) – 平清盛、太政大臣(+ 1181年)
  • 1541年(天文10年1月15日) – 足利義氏、第5代古河公方(+ 1583年)
  • 1775年 – チャールズ・ラム、児童文学作家(+ 1834年)
  • 1791年(寛政3年1月8日) – 大田垣蓮月、尼、歌人(+ 1875年)
  • 1791年 – フランチェスコ・アイエツ、画家(+ 1882年)
  • 1795年 – アリ・シェフェール、画家(+ 1858年)
  • 1840年 – ペール・テオドール・クレーベ、化学者、地質学者(+ 1905年)
  • 1846年 – アイラ・レムセン、化学者(+ 1927年)
  • 1859年 – アレクサンドル・ミルラン、政治家、フランス第三共和制第11代大統領(+ 1943年)
  • 1884年 – ビリー・エバンス、メジャーリーグ審判(+ 1956年)
  • 1886年 – 平塚らいてう、作家、フェミニスト、女性解放運動家(+ 1971年)
  • 1890年 – ボリス・パステルナーク、詩人、小説家(+ 1960年)
  • 1891年 – 唐沢俊樹、政治家(+ 1967年)
  • 1894年 – ハロルド・マクミラン、イギリス首相(+ 1986年)
  • 1894年 – ハーブ・ペノック、メジャーリーガー(+ 1948年)
  • 1896年 – アリスター・ハーディ、海洋生物学者(+ 1985年)
  • 1897年 – ジョン・フランクリン・エンダース、医学者(+ 1985年)
  • 1898年 – ベルトルト・ブレヒト、劇作家、思想家(+ 1956年)
  • 1899年 – 田河水泡、漫画家(+ 1989年)
  • 1899年 – 阿波野青畝、俳人(+ 1992年)
  • 1902年 – ウォルター・ブラッテン、物理学者(+ 1987年)
  • 1903年 – 吉田富三、病理学者(+ 1973年)
  • 1903年 – マティアス・シンデラー、サッカー選手(+ 1939年)
  • 1906年 – ロン・チェイニー・ジュニア、俳優(+ 1973年)
  • 1907年 – 津田恭介、薬学者(+ 1999年)
  • 1909年 – 伊東多三郎、歴史家(+ 1984年)
  • 1910年 – ドミニク・ピール、カトリック教会司祭、慈善活動家(+ 1969年)
  • 1911年 – 宗道臣、武道家(+ 1980年)
  • 1929年 – ジェリー・ゴールドスミス、映画音楽作曲家(+ 2004年)
  • 1930年 – ロバート・ワグナー、俳優、映画プロデューサー
  • 1930年 – E・L・カニグズバーグ、児童文学作家(+ 2013年)
  • 1933年 – ミッキー安川、タレント(+ 2010年)
  • 1934年 – 金平正紀、ボクシング指導者、協栄ジム初代会長(+ 1999年)
  • 1935年 – 二見伸明、政治家
  • 1938年 – 鈴木史朗、アナウンサー
  • 1939年 – ロバータ・フラック、歌手
  • 1940年 – 野村六彦、サッカー選手、指導者
  • 1940年 – 下河辺元春、ジャーナリスト、経済学者
  • 1941年 – 鈴木恒夫、衆議院議員
  • 1941年 – 須貝彦三、騎手、調教師
  • 1942年 – 坂田晃一、作曲家
  • 1942年 – ローレンス・ウェイナー、コンセプチュアル・アーティスト
  • 1943年 – 韓鶴子、宗教家、文鮮明夫人
  • 1944年 – 赤座美代子、女優
  • 1944年 – 高橋英樹、俳優
  • 1944年 – ヴァーナー・ヴィンジ、SF作家、計算機科学者
  • 1947年 – 円より子、参議院議員
  • 1949年 – 若草恵、作曲家
  • 1949年 – 渡辺雪三郎、デザイナー
  • 1949年 – 亀山郁夫、ロシア文学者
  • 1950年 – 島田洋七、漫才師(B&B)
  • 1950年 – マーク・スピッツ、競泳選手
  • 1951年 – 渡辺茂樹、音楽プロデューサー(+ 2014年)
  • 1952年 – 西村知江子、アナウンサー
  • 1952年 – 森信雄、将棋棋士
  • 1952年 – 宇野輝幸、元プロ野球選手
  • 1952年 – リー・シェンロン、政治家、シンガポール第3代首相
  • 1952年 – 北尾一喜、プロ野球選手
  • 1955年 – グレグ・ノーマン、ゴルファー
  • 1955年 – 宮沢隆仁、政治家
  • 1956年 – 西和彦、アスキー創業者
  • 1957年 – 山田章博、イラストレーター
  • 1958年 – 芹澤名人、俳優
  • 1958年 – 池端隆史、アニメ監督
  • 1959年 – 小森田実、シンガーソングライター
  • 1960年 – 及川眠子、作詞家
  • 1961年 – アレクサンダー・ペイン、映画監督、脚本家
  • 1961年 – 池田成、アニメ監督
  • 1962年 – 野村正育、NHKアナウンサー
  • 1962年 – クリフ・バートン、ミュージシャン(メタリカ)(+ 1986年)
  • 1963年 – 佐野正幸、ミュージカル俳優
  • 1965年 – 井上あずみ、歌手
  • 1965年 – 知久寿焼、ミュージシャン(たま)
  • 1965年 – 馬場敏史、元プロ野球選手
  • 1965年 – 山中賢次、元プロ野球選手
  • 1965年 – 関純子、関西テレビアナウンサー
  • 1967年 – ローラ・ダーン、女優
  • 1968年 – 安達哲、漫画家
  • 1968年 – 坂口候一、声優
  • 1968年 – 谷口徹、プロゴルファー
  • 1969年 – 久保田恭之、映像作家
  • 1969年 – 大美健二、プロ野球選手
  • 1970年 – 菊沢隆徳、騎手
  • 1970年 – アルベルト・カスティーヨ、元メジャーリーガー
  • 1970年 – 丹波幸一、プロ野球審判員
  • 1971年 – 中島ひろ子、女優
  • 1971年 – 高村良嘉、元プロ野球選手
  • 1972年 – 鷲尾直広、メカニックデザイナー、イラストレーター
  • 1972年 – 高倉一朗、歌手
  • 1972年 – 大塚幸代、ライター (+ 2015年)
  • 1974年 – エリザベス・バンクス、女優
  • 1975年 – 黒田博樹、メジャーリーガー
  • 1975年 – 原陽子、政治家
  • 1975年 – 開田博勝、野球選手
  • 1976年 – 秋山久美、声優、歌手
  • 1976年 – カルロス・ヒメネス、バスケットボール選手
  • 1976年 – ランス・バークマン、元メジャーリーガー
  • 1978年 – 山崎みちる、声優
  • 1978年 – 長友光弘、お笑いタレント(響)
  • 1978年 – セドリック・バワーズ、メジャーリーガー
  • 1979年 – 根本美緒、アナウンサー、気象予報士
  • 1979年 – 黒坂真美、女優
  • 1980年 – ランス・バークマン、元メジャーリーグ
  • 1980年 – シーザー・イズトゥリス、元メジャーリーガー
  • 1980年 – ジャスティン・ガトリン、陸上短距離選手
  • 1980年 – 澤村翔子、声楽家
  • 1981年 – 棟田康幸、柔道選手
  • 1981年 – アンディ・ジョンソン、サッカー選手
  • 1981年 – 近藤岳登、サッカー選手
  • 1982年 – 渡辺亮、プロ野球選手
  • 1982年 – 細谷佳正、声優
  • 1983年 – マテイ・トート、陸上競技選手
  • 1984年 – ルイス・クルーズ、プロ野球選手
  • 1984年 – アレックス・ゴードン、メジャーリーガー
  • 1986年 – ダリエル・イノホサ、メジャーリーガー
  • 1986年 – ラダメル・ファルカオ、サッカー選手
  • 1986年 – 市川由衣、アイドル、女優、歌手
  • 1987年 – 石田卓也、俳優
  • 1987年 – ユジャ・ワン、ピアニスト
  • 1988年 – 西明日香、声優
  • 1988年 – 風子、グラビアアイドル
  • 1988年 – 山村響、声優
  • 1988年 – ジーンマー・ゴメス、メジャーリーガー
  • 1988年 – ジェイク・ブリガム、プロ野球選手
  • 1988年 – スペンサー・パットン、メジャーリーガー
  • 1989年 – 福田秀平、プロ野球選手
  • 1989年 – 森安真弓、タレント
  • 1989年 – 林家木りん、落語家
  • 1989年 – リアム・ヘンドリックス、メジャーリーガー
  • 1990年 – 野崎萌香、ファッションモデル
  • 1990年 – 福田雄也、俳優
  • 1990年 – 如月大、演歌歌手
  • 1990年 – 佐藤将也、サッカー選手
  • 1990年 – 吉田智志、サッカー選手
  • 1990年 – アレン・ウェブスター、メジャーリーガー
  • 1990年 – スヨン、少女時代
  • 1991年 – エマ・ロバーツ、女優
  • 1991年 – 杉山翔大、プロ野球選手
  • 1992年 – 仲川遥香、元JKT48
  • 1992年 – 大砂嵐金崇郎、大相撲力士
  • 1992年 – オマー・ナルバエス、メジャーリーガー
  • 1993年 – マックス・ケプラー、メジャーリーガー
  • 1994年 – 増山加弥乃、元AKB48
  • 1995年 – 川口春奈、女優、ファッションモデル
  • 1995年 – 奈緒、女優
  • 1996年 – 野元愛、アイドル(アイドリング!!!24号、HOP CLUB)
  • 1996年 – 新山詩織、シンガーソングライター
  • 1997年 – クロエ・グレース・モレッツ、女優
  • 1998年 – キャンディ・シュー(許雅涵)、シンガーソングライター
  • 1998年 – 根本流風、声優
  • 1998年 – 沖口優奈、アイドル(マジカル・パンチライン)
  • 1999年 – 伊藤翔、プロ野球選手
  • 2003年 – 佐々木桃華、ジュニアアイドル
  • 2005年 – 鈴木梨央、女優
  • 生年不明 – 大室佳奈、声優

※引用:Wikipedia

【花】2月10日の誕生花

ジンチョウゲ – 花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「永遠」

2月10日の誕生花 ジンチョウゲ

「栄光」「不死」「不滅」「永遠」と、力強い英雄譚のような花言葉が多いジンチョウゲ(沈丁花)ですが、名前の由来は香木である「沈香(じんこう)」に香りが似ていることと、葉っぱの形が「丁子(ちょうじ)」という植物に似ていることから、両者の間を取って「沈丁花」となりました。

通年で緑の葉っぱを付け続けることから、「不死」や「永遠」といった花言葉がつけられています。

 

ヒマラヤユキノシタ – 花言葉は「秘めた感情」「順応」

2月10日の誕生花 ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤ山脈の周辺地域に分布する多年草で、ユキノシタと違い大柄な花や団扇のような葉が特徴的です。

「秘めた感情」「順応」といった花言葉は、寒さが厳しいヒマラヤ山脈周辺地域でも、1年間緑の葉っぱを付け続けることから由来しています。

 

いかがでしたか?

2月10日の朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!