3月20日は何の日?3月20日の記念日・出来事などをまとめました!

3月20日 電卓の日

「3月20日は何の日?」ということで、3月20日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の3月20日の六曜・お日柄も掲載しています。

  • 2019年3月20日の和暦

  • 平成31年3月20日
  • 2019年3月20日の曜日

  • 水曜日
  • 2019年3月20日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2019年3月20日の旧暦

  • 2月14日
  • 2019年3月20日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年3月20日は今年の何日目

  • 322日目
  • 2019年3月20日で今年はあと何日

  • 286日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】3月20日の日本の記念日

電卓の日

3月20日 電卓の日

1974年3月20日、日本産の「電卓」の生産量が世界一位になったことを記念した日です。

「日本事務機械工業会(現:JBMIA)」によって制定されました。

 

LPレコードの日

3月20日 LPレコードの日

1951年3月20日、日本で初めて「LPレコード」が発売されたことを記念した日です。

「LPレコード」とは一般的に「レコード」と呼ばれるものと同様で、素材に「ポリ塩化ビニール」「宝石製の永久針」を使っていて、従来のレコードよりも長時間再生が出来るようになったため、「Long Play Record」という名前が付けられました。

アメリカでは1948年6月20日から「コロムビア」によって発売されていましたが、日本では遅れること2年半、発売元は「日本コロムビア」です。

 

【記念日・世界】3月20日の世界の記念日

国際フランコフォニーの日

3月20日 国際フランコフォニーの日

「フランコフォニー」とは「民主主義や人権などの普遍的な思想とフランス語を分かち合う、世界中のあらゆる文化圏に属する国・地域の総体」で、3月20日は「国際フランコフォニー機構」が「国際フランコフォニーの日」として制定しました。

「国際フランコフォニーの日」には、日本を含んだ世界70カ国で、様々なフランス語についてのイベントが開催されます。

 

独立記念日:チュニジア

3月20日 独立記念日:チュニジア

1956年3月20日、北アフリカにある「チュニジア」がフランスからの独立を果たしたことを記念した日です。

この「チュニジア」は古くには「アフリカ」と呼ばれていて、アフリカ大陸の由来になったという説があります。

 

スポンサードサーチ

【歴史】3月20日に起きた出来事・事件

「上野動物園」開園:1882年

3月20日 「上野動物園」開園:1882年

通称「上野動物園」と呼ばれている、「東京都恩賜上野動物園(とうきょうとおんしうえのどうぶつえん)」が開園したのは、1882年3月20日のことです。

日本初の動物園で、「農商務省博物局」の付属施設として開園したため、当時の広さは1ヘクタールしかなかったそうです。

後年になって敷地が拡大し、西園・東園と分かれた後に、日本初のモノレール「都営モノレール(上野懸垂線、上野モノレール)」が両園を結ぶ交通機関として誕生しました。

 

ジョン・レノンとオノ・ヨーコが結婚:1969年

3月20日 ジョン・レノンとオノ・ヨーコが結婚:1969年

世界No1バンド「ビートルズ」のリーダーである「ジョン・レノン」と、東京出身の芸術家「オノ・ヨーコ(小野洋子)」さんが結婚したのは、1969年3月20日です。

2人の出会いは1966年11月9日で、ロンドンで開かれた個展「未完成の絵画とオブジェ」を訪れたジョン・レノンは、オノ・ヨーコさんの作品に好奇心を持ち、交流がスタートしました。

 

地下鉄サリン事件:1995年

1995年3月20日、東京都で発生した同時多発テロ事件、通称「地下鉄サリン事件」が発生しました。

正式には「地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件」という名称で、「オウム真理教」によって現在でいう「東京メトロ」「都営地下鉄」内の車両内に「サリン」という神経ガスが散布されました。

地下鉄の車両内という逃げ場のない中で神経毒物が散布された結果、死亡者13名・負傷者約6,300人という凄惨な結果を生みました。

この事件を受け、教団教祖の「麻原彰晃」を含むオウム真理教の首脳陣や教徒らを40人近く逮捕し、2012年には特別指名手配を受けていた「高橋克也」が逮捕され、容疑者は全員逮捕されました。

2018年7月には、死刑判決を受けた事件関与者の死刑が履行されました。

 

イラク戦争:2003年

アメリカを中心とした連合軍とイラク軍とが戦った「イラク戦争」が、2003年3月20日に始まりました。

事の発端はイラクが1991年の「湾岸戦争」後の決議において「大量破壊兵器の不保持」が義務付けられていたにも関わらず、軍縮のスピードの遅さや外部調査を拒否するなど、問題行動が目立っていました。

更には2001年9月11日の「アメリカ同時多発テロ事件」が発生し、世界的なイラクへの批判情勢が高まり、2003年1月の調査によって「イラク側の報告には非常に多くの疑問があり、申請書には矛盾があり、更にはミサイル14基の存在が不明」という3つの問題が発生しました。

アメリカの攻撃表明に対してフランスを含む各国が難色を示す気配を見せると、アメリカ・イギリスは決議なしの攻撃を行うことを決定し、「イラク戦争」が始まりました。

2011年12月14日、アメリカ大統領バラク・オバマ」の終結宣言により、ようやくイラク戦争は終結を迎えました。

 

第1回WBC 日本優勝:2006年

世界的な野球の祭典である「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の第1回大会で、日本が優勝を果たしたのは2006年3月20日のことでした。

決勝の相手はキューバで、キューバ側がダブルエースである「マルティ」「ラソ」を準決勝で使ってしまっていたことに対して、日本は準決勝の韓国線で「上原浩治」選手が7回まで登板したことで投手陣を温存でき、最終的な結果は「日本10点-キューバ6点」という投手力の差で勝利しました。

決勝戦の日本スターティングメンバーは次の通りです。

  1. 川崎(ショート)

  2. 西岡(セカンド)

  3. イチロー(ライト)

  4. 松中(DH)

  5. 多村(レフト)

  6. 里崎(キャッチャー)

  7. 小笠原(ファースト)

  8. 今江(サード)

  9. 青木(センター)

 

【誕生日】3月20日生まれの有名人・芸能人

  • 紀元前43年 – オウィディウス、詩人(+ 17年)
  • 203年 – ヘリオガバルス、ローマ帝国セウェルス朝皇帝(+ 222年)
  • 1142年 – マルカム4世、スコットランド王(+ 1165年)
  • 1737年 – ラーマ1世、タイ・チャクリー王朝の初代国王(+ 1809年)
  • 1741年 – ジャン=アントワーヌ・ウードン、彫刻家(+ 1828年)
  • 1770年 – フリードリヒ・ヘルダーリン、詩人(+ 1843年)
  • 1811年 – ナポレオン2世、フランス皇帝(+ 1832年)
  • 1828年 – ヘンリック・イプセン、劇作家(+ 1906年)
  • 1828年(文政11年2月5日) – 高橋由一、洋画家(+ 1894年)
  • 1836年 – エドワード・ポインター、画家、デザイナー(+ 1919年)
  • 1838年 – フェルディナント・ツィルケル、地質学者(+ 1912年)
  • 1843年 – アントン・ヨハネス・ゲールツ、薬学者(+ 1883年)
  • 1859年(安政6年2月16日) – 藤沢幾之輔、衆議院議長(+ 1940年)
  • 1863年 – エルネスト・ナザレー、ピアニスト、作曲家(+ 1934年)
  • 1866年(慶応2年2月4日) – 西郷四郎、柔道家(+ 1922年)
  • 1870年 – パウル・フォン・レットウ=フォルベック、軍人(+ 1964年)
  • 1871年 – ジョー・マクギニティ、メジャーリーガー(+ 1929年)
  • 1875年 – 曽我量深、真宗大谷派僧侶、仏教思想家(+ 1971年)
  • 1878年 – 牧野英一、法学者(+ 1970年)
  • 1879年 – モード・メンテン、生化学者(+ 1960年)
  • 1882年 – ルネ・コティ、フランス大統領(+ 1962年)
  • 1884年 – 近藤浩一路、日本画家(+ 1962年)
  • 1887年 – ハルトフ・ハンバーガー、プロ野球選手(+ 1924年)
  • 1890年 – ベニャミーノ・ジーリ、テノール歌手(+ 1957年)
  • 1891年 – エドマンド・グールディング、映画監督(+ 1959年)
  • 1892年 – 市川正一、共産主義者(+ 1945年)
  • 1897年 – 荒木俊馬、天文学者(+ 1978年)
  • 1897年 – 重政誠之、政治家(+ 1981年)
  • 1900年 – 太田光二、政治家(+ 1973年)
  • 1901年 – マックス・エーワ、第5代チェスの世界チャンピオン(+ 1981年)
  • 1901年 – 島田謹二、比較文学者、英文学者(+ 1993年)
  • 1904年 – バラス・スキナー、心理学者(+ 1990年)
  • 1904年 – ウォルター・エルサッサー、物理学者(+ 1991年)
  • 1907年 – 出羽湊利吉、大相撲力士(+ 1964年)
  • 1907年 – 山下実、プロ野球選手(+ 1995年)
  • 1908年 – マイケル・レッドグレイヴ、俳優(+ 1985年)
  • 1911年 – 斎藤喜博、教育者(+ 1981年)
  • 1911年 – アルフォンソ・ガルシア・ロブレス、政治家、外交官(+ 1991年)
  • 1915年 – スヴャトスラフ・リヒテル、ピアニスト(+ 1997年)
  • 1917年 – イガエル・ヤディン、軍人、政治家、考古学者(+ 1984年)
  • 1917年 – ヴェラ・リン、歌手
  • 1918年 – ベルント・アロイス・ツィンマーマン、作曲家(+ 1970年)
  • 1918年 – 伊藤庄七、プロ野球選手(+ 1999年)
  • 1919年 – 木下貞一、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1919年 – ゲルハルト・バルクホルン、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1983年)
  • 1920年 – 樋笠一夫、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1924年 – 桜井センリ、コメディアン、俳優(+ 2012年)
  • 1925年 – 梅原猛、哲学者(+ 2019年)
  • 1925年 – 工藤幸雄、ロシア・ポーランド文学者(+ 2008年)
  • 1925年 – 月丘千秋、女優
  • 1926年 – 安野光雅、画家、絵本作家
  • 1928年 – 野平祐二、騎手、調教師(+ 2001年)
  • 1928年 – 渡辺茂男、児童文学者、翻訳家(+ 2006年)
  • 1929年 – 高橋和枝、声優 (+ 1999年)
  • 1932年 – 萩山教嚴、政治家(+ 2015年)
  • 1933年 – 雪代敬子、女優
  • 1933年 – 渡邊守章、フランス文学者、演出家
  • 1933年 – ジョージ・アルトマン、元プロ野球選手(元阪神タイガース)
  • 1936年 – 蒲池猛夫、射撃選手(+ 2014年)
  • 1936年 – リー・ペリー、レゲエミュージシャン
  • 1937年 – 雪村いづみ、歌手
  • 1937年 – ロイス・ローリー、児童文学作家
  • 1938年 – セルゲイ・ノヴィコフ、数学者
  • 1939年 – ブライアン・マルルーニー、政治家
  • 1940年 – 片岡義男、小説家
  • 1941年 – 君原健二、マラソン選手
  • 1941年 – 山本要、政治家
  • 1942年 – 上岡龍太郎、元タレント、漫才師
  • 1943年 – 二井関成、山口県知事
  • 1944年 – ボビー・テーラー、プロ野球選手
  • 1944年 – エルヴィン・ネーアー、生物学者
  • 1945年 – パット・ライリー、バスケットボール選手、監督
  • 1946年 – 神谷郁代、ピアニスト
  • 1946年 – 倉田保昭、俳優
  • 1947年 – 景山民夫、小説家(+ 1998年)
  • 1947年 – 小杉健治、小説家
  • 1947年 – 大悟法久志、高校野球指導者(+ 2011年)
  • 1948年 – ボビー・オア、アイスホッケー選手
  • 1949年 – 新藤恵美、女優
  • 1949年 – 中道善博、競艇選手、競艇解説者、評論家
  • 1949年 – マーシャ・ボール、ピアニスト、シンガー
  • 1949年 – 高泉秀輝、プロ野球選手
  • 1949年 – 佐々木茂、プロ野球選手
  • 1950年 – 畑中純、漫画家(+ 2012年)
  • 1950年 – 三上寛、シンガーソングライター、俳優
  • 1950年 – カール・パーマー、ドラマー
  • 1950年 – ウィリアム・ハート、俳優
  • 1951年 – 今泉敏郎、作曲家 (+ 2008年)
  • 1951年 – 鎌田東二、哲学者、宗教学者
  • 1955年 – 竹内まりや、シンガーソングライター
  • 1955年 – 塚越孝、アナウンサー(+ 2012年)
  • 1955年 – 筒井良紀、プロ野球選手
  • 1956年 – 竹中直人、俳優、映画監督
  • 1957年 – スパイク・リー、映画監督
  • 1958年 – ホリー・ハンター、女優
  • 1958年 – 石井啓一、政治家
  • 1958年 – 井上茂徳、競輪選手、競輪解説者、評論家
  • 1959年 – 大原まり子、SF作家
  • 1960年 – マイク・ヤング、プロ野球選手
  • 1961年 – 矢作芳人、調教師
  • 1962年 – 郭泰源、プロ野球選手
  • 1962年 – 金蓮花、小説家
  • 1962年 – スティーヴン・ソマーズ、映画監督、脚本家
  • 1963年 – 渡邉貢、ベーシスト(PERSONZ)
  • 1963年 – 渡洋史、俳優
  • 1964年 – 真柴あずき、脚本家、演出家
  • 1964年 – 村山大値、レフェリー
  • 1964年 – 川島智太郎、政治家、空手家
  • 1965年 – 川田妙子、声優
  • 1966年 – 神山健治、アニメ監督、演出家
  • 1966年 – 宇津木えり、ファッションデザイナー
  • 1967年 – 馬場俊英、シンガーソングライター
  • 1967年 – 木城ゆきと、漫画家
  • 1970年 – 松谷彼哉、声優
  • 1970年 – 麻生祥一郎、ミュージシャン(ドラマー)
  • 1971年 – 太田真一郎、声優
  • 1972年 – アレクサンダー・カプラノス(英語版)、ミュージシャン(フランツ・フェルディナンド)
  • 1972年 – 曽我部直樹、プロ野球選手
  • 1973年 – 大石恵、タレント
  • 1973年 – ジェーン・マーチ、女優
  • 1973年 – ユーリス・ラザグリアエフ、フィギュアスケート選手
  • 1974年 – 柳原愛子、歌手
  • 1974年 – カルステン・ラメロウ、サッカー選手
  • 1975年 – 浅川悠、声優
  • 1976年 – 美咲留衣、AV女優
  • 1976年 – 三宅綾子、ダンサー
  • 1976年 – チェスター・ベニントン、ミュージシャン(LINKIN PARK)(+ 2017年)
  • 1978年 – 引地洋輔、歌手(RAG FAIR)
  • 1978年 – 奥華子、シンガーソングライター
  • 1978年 – 太田敦士、プロ野球選手
  • 1978年 – 鈴木慎吾、サッカー選手
  • 1979年 – 阿部慎之助、プロ野球選手
  • 1980年 – 田上秀則、プロ野球選手
  • 1980年 – アレクサンダー・コブリン、ピアニスト
  • 1981年 – みほ、お笑いタレント(チェリー☆パイ)
  • 1981年 – 衣川篤史、プロ野球選手
  • 1981年 – 高崧、フィギュアスケート選手
  • 1982年 – トマシュ・クシュチャク、サッカー選手
  • 1982年 – ジョゼ・モレイラ、サッカー選手
  • 1983年 – 水落朋大、プロ野球審判員
  • 1983年 – 川島永嗣、サッカー選手
  • 1983年 – 藤原さくら、グラビアアイドル
  • 1984年 – 野村佑香、女優
  • 1984年 – フェルナンド・トーレス、サッカー選手
  • 1984年 – 後藤淳平、お笑いタレント(ジャルジャル)
  • 1985年 – 山口智史、ミュージシャン(RADWIMPS)
  • 1985年 – 岸本梓、タレント、DJ
  • 1985年 – 水嶋友香、タレント、グラビアアイドル
  • 1985年 – 方丹、フィギュアスケート選手
  • 1986年 – 宮咲志帆、AV女優
  • 1987年 – 遠藤雄弥、俳優(D-BOYS)
  • 1987年 – ジョー、サッカー選手
  • 1988年 – ディエゴ・バストス・リベイロ、サッカー選手
  • 1989年 – 井上正大、俳優
  • 1990年 – 今井仁美、音楽ユニット・f-windyのメンバー
  • 1990年 – 平川舞弥、グラビアアイドル
  • 1990年 – 鎧坂哲哉、陸上競技選手
  • 1990年 – マルコス・ロホ、サッカー選手
  • 1991年 – 吉川智恵、ファッションモデル
  • 1991年 – 清武功暉、サッカー選手
  • 1992年 – 二見宏志、サッカー選手
  • 1994年 – 吉川あいみ、AV女優
  • 1995年 – エフゲーニヤ・コスイギナ、フィギュアスケート選手
  • 生年不明 – みやま零、イラストレーター
  • 生年不明 – 小林直樹、声優
  • 生年不明 – 岩崎春奈、声優

※引用:Wikipedia

 

スポンサードサーチ

【花】3月20日の誕生花

スイートピー – 花言葉は「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」

3月20日の誕生花 スイートピー

 

ミツマタ – 花言葉は「強靱」「肉親の絆」

3月20日の誕生花 ミツマタ

 

 

以上、3月20日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!