2月13日は何の日?2月13日の記念日・出来事などをまとめました!

2月13日 苗字制定記念日(名字の日)

2019年2月10日

「2月13日は何の日?」ということで、2月13日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめました。

2月13日は「苗字制定記念日」「NISAの日」などの記念日がある日です。

朝礼やスピーチのネタとしてご利用ください。

今年の2月13日の六曜・お日柄も掲載しています。

  • 2019年2月13日の和暦

  • 平成31年2月13日
  • 2019年2月13日の曜日

  • 水曜日
  • 2019年2月13日の六曜・お日柄

  • 先負
  • 次の日の六曜・お日柄

  • 仏滅
  • 2019年2月13日の旧暦

  • 1月9日
  • 2019年2月13日の二十四節気

  • 該当なし
  • 2019年2月13日は今年の何日目

  • 262日目
  • 2019年2月13日で今年はあと何日

  • 321日目
  • 今年の干支は?

  • 来年の干支は?

  • 今年はうるう年

  • うるう年ではない
  • 今年は旧年号の何年

  • 昭和94年、大正108年、明治152年

 

スポンサードサーチ

【記念日・日本】2月13日の日本の記念日

苗字制定記念日(名字の日)

2月13日 苗字制定記念日(名字の日)

1875年2月13日、「平民苗字必称義務令」という太政官布告が出され、全国民が名字を名乗ることを義務付けられたことを記念した日です。

それまでの日本人で名字を名乗ることが出来たのは公家・武士のみで、平民は名字を名乗ることが出来ませんでした。

その体制に変化が生じたのは「明治維新」によってで、これまでの身分を見直す風潮が高まり、平民に名字を名乗ることを「許可する」という許可例が出されました。

ただ、「あえて名字を名乗らない」というこれまで通りのやり方を選択する平民もいて、統制の問題から強制的に名字を全国民が名乗るようにする「平民苗字必称義務令」が出されました。

 

NISAの日

2月13日 NISAの日

「ニ(2)イ(1)サ(3)」という語呂合わせから、「確定拠出年金教育教会」が制定しました。

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、年間で120万円までの売却益・配当であれば課税の対象とならない制度です。

NISAによって個人が少額の投資を始めやすくなり、預金から株式投資へとシフトチェンジするサポートを行うことで、経済成長を促す目的があります。

 

【歴史】2月13日に起きた出来事・事件

地方公務員法の施行:1951年

2月13日 地方公務員法の施行:1951年

戦後1947年に制定された「国家公務員法」では国家公務員についての身分取扱が制定されていましたが、一方で同年に「地方自治法」によって地方公務員の定義が定められたものの、身分取扱いに関する法整備が行われていませんでした。

「地方公務員法」が施行されたのは、「国家公務員法」が施行されてから4年後の1951年2月13日です。

 

フェルマーの最終定理に誤りがないことが確認される:1995年

2月13日 フェルマーの最終定理に誤りがないことが確認される:1995年

フェルマーの最終定理とは、「3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる自然数の組 (x, y, z) は存在しない」という、数学史上最難問と言われた定理です。

イギリスの数学者「アンドリュー・ワイルズ」によってフェルマーの最終定理には誤りがないことが証明され、実に360年もの間議論・研究され続けてきた戦いに終止符が打たれました。

 

2月13日のその他の事件・出来事

  • 1130年 – インノケンティウス2世がローマ教皇に即位。
  • 1219年 (建保7年1月27日) – 鎌倉幕府第3代将軍の源実朝が鶴岡八幡宮で甥の公暁により暗殺。公暁も即日殺害される。
  • 1542年 – イングランド王ヘンリー8世が、5番目の妃だったキャサリン・ハワードを不義密通の疑いで処刑。
  • 1575年 – フランス王アンリ3世がランスのノートルダム大聖堂で戴冠。同日、ルイーズ・ド・ロレーヌ=ヴォーデモンと結婚。
  • 1633年 – 異端審問のため出頭を命じられたガリレオ・ガリレイがローマに到着。
  • 1668年 – スペインがポルトガルを独立した国として承認。
  • 1689年 – イングランドでウィリアム3世とメアリー2世が共同統治者に即位。権利の宣言に署名し、名誉革命が終結。(ユリウス暦の日付。グレゴリオ暦1689年2月23日)
  • 1692年 – スコットランドでグレンコーの虐殺事件。首謀者はジョン・ダルリンプル。
  • 1820年(文政2年12月29日) – 小林一茶が『おらが春』を著す。
  • 1854年(嘉永7年1月16日) – ペリー米東インド艦隊司令長官が7隻の軍艦を率いて2度目の来航。
  • 1862年(文久2年1月15日) – 坂下門外の変で安藤信正が水戸の浪士に襲撃され負傷する。
  • 1868年(慶応4年1月20日) – 尾張藩で青松葉事件が起こり、5日間で14名の藩士が処刑される。
  • 1875年 – 「平民苗字必称義務令」布告。平民に苗字を名乗ることを義務付け。
  • 1894年 – リュミエール兄弟がシネマトグラフの特許を取得。
  • 1912年 – 米国作曲家作詞家出版者協会 (ASCAP) 設立。
  • 1945年 – 第二次世界大戦・独ソ戦: ブダペスト包囲戦が終結。赤軍がブダペストを占領。
  • 1945年 – 第二次世界大戦: イギリス空軍・アメリカ空軍が無防備都市宣言していたドレスデンを空襲、2万人以上が犠牲に(ドレスデン爆撃)。
  • 1946年 – GHQが改正憲法草案(マッカーサー草案)を日本政府に手交。
  • 1950年 – レッドパージ: 東京都教育庁が共産主義の教員246人に退職を勧告。
  • 1951年 – 地方公務員法施行。
  • 1960年 – フランスが初の原爆実験。世界4番目の核保有国となる。(ジェルボアーズ・ブルー)
  • 1960年 – ナッシュビル座り込みはじまる。
  • 1974年 – ソビエト連邦が国家反逆罪でソルジェニーツィンを国外追放に。
  • 1977年 – 青酸入りコーラ事件発生。
  • 1980年 – 第13回冬季オリンピック、レークプラシッド大会開催。2月24日まで。
  • 1983年 – ハワイアン・オープンで青木功が日本人初のアメリカPGAツアー優勝を果たす。
  • 1984年 – 9日に死亡したソ連書記長ユーリ・アンドロポフの後任にチェルネンコ政治局員が就任。
  • 1985年 – 東京と愛知で青酸入りの菓子を発見。一連のグリコ・森永事件で実際に毒物入りの菓子がばらまかれた最後の事件。
  • 1985年 – 大幅改正された風営法が施行される。対象業種が拡大し、営業時間が午前0時までに制限されるなど。
  • 1988年 – 第15回冬季オリンピック、カルガリー大会開催。2月28日まで。
  • 1989年 – リクルート事件: 東京地検特捜部がリクルート前会長江副浩正ら4人を逮捕。
  • 1989年 – 大阪市の北区と大淀区が合区して現在の北区、東区と南区が合区して中央区が誕生。
  • 1995年 – アンドリュー・ワイルズのフェルマーの最終定理の証明に誤りがないことが確認され、360年に渡る歴史に決着がつく。
  • 2000年 – グリコ・森永事件の全ての事件が時効を迎える。
  • 2000年 – 前日の作者・チャールズ・M・シュルツの死去により、『ピーナッツ』(日曜版)の連載が終了。
  • 2005年 – 岐阜県中津川市が恵那郡の6町村と長野県木曽郡山口村を編入。46年振りの越県合併。
  • 2005年 – 山梨県上野原市が市制施行。
  • 2008年 – オーストラリアのケビン・ラッド首相が、アボリジニと盗まれた世代に対して政府として初めて公式に謝罪。
  • 2016年 – 新東名高速道路浜松いなさJCT – 豊田東JCT間開通。
  • 2017年 – 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の最高指導者・金正恩の異母兄である金正男がマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺される。
  • 2018年 – 羽生善治と井山裕太に国民栄誉賞授与。

※引用:Wikipedia

スポンサードサーチ

【誕生日】2月13日生まれの有名人

  • 1457年 – マリー・ド・ブルゴーニュ、ヴァロワ朝ブルゴーニュ公国最後の君主(+ 1482年)
  • 1599年 – アレクサンデル7世、第237代ローマ教皇(+ 1667年)
  • 1723年 – アントワーヌ・ルイ、外科医(+ 1792年)
  • 1728年 – ジョン・ハンター、医学者(+ 1793年)
  • 1750年(寛延3年1月7日) – 蔦屋重三郎、出版人(+ 1797年)
  • 1754年 – タレーラン=ペリゴール、フランスの首相、外交官(+ 1838年)
  • 1769年 – イヴァン・クルィロフ、劇作家、文学者(+ 1844年)
  • 1805年 – ペーター・グスタフ・ディリクレ、数学者(+ 1859年)
  • 1849年 – ランドルフ・チャーチル卿、イギリス大蔵大臣(+ 1895年)
  • 1864年 – フーゴ・ベッカー、チェリスト、音楽教師、作曲家(+ 1941年)
  • 1866年 – レフ・シェストフ、哲学者(+ 1938年)
  • 1870年 – レオポルド・ゴドフスキー、ピアニスト、作曲家(+ 1938年)
  • 1873年 – フョードル・シャリアピン、オペラ歌手(+ 1938年)
  • 1881年 – エリナー・ファージョン、児童文学作家(+ 1965年)
  • 1882年 – イグナーツ・フリードマン、ピアニスト、作曲家(+ 1948年)
  • 1883年 – ハル・チェイス、メジャーリーガー(+ 1947年)
  • 1887年 – チャート・ゲーザ、作家、音楽家、医師(+ 1919年)
  • 1888年 – ゲオルギオス・パパンドレウ、ギリシャ首相(+ 1968年)
  • 1891年 – 河合栄治郎、社会思想家、経済学者(+ 1944年)
  • 1898年 – 安岡正篤、陽明学者(+ 1983年)
  • 1899年 – 宮本百合子、作家(+ 1951年)
  • 1902年 – 平川唯一、アナウンサー(+ 1993年)
  • 1902年 – ハロルド・ラスウェル、政治学者(+ 1978年)
  • 1903年 – ジョルジュ・シムノン、推理作家(+ 1989年)
  • 1903年 – ゲオールギイ・ベリーエフ、航空エンジニア(+ 1979年)
  • 1904年 – 唐木順三、評論家、哲学者(+ 1980年)
  • 1910年 – ウィリアム・ショックレー、物理学者(+ 1989年)
  • 1912年 – マックス・シュトッツ、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1943年)
  • 1914年 – 倉金章介、漫画家(+ 1973年)
  • 1915年 – アウン・サン、ミャンマーの独立運動家(+ 1947年)
  • 1915年 – 新富卯三郎、プロ野球選手(+ 1945年)
  • 1917年 – 吉阪隆正、建築家(+ 1980年)
  • 1918年 – 今岡謙次郎、プロ野球選手
  • 1921年 – ジャンヌ・ドゥメッシュー(ドゥメシュ)、オルガニスト、ピアニスト、作曲家(+ 1968年)
  • 1923年 – チャック・イェーガー、空軍パイロット
  • 1925年 – 坂東徹、政治家(+ 2010年)
  • 1928年 – 与儀眞助、プロ野球選手(+ 1979年)
  • 1929年 – フランキー堺、俳優(+ 1996年)
  • 1931年 – 藤江清志、プロ野球選手
  • 1933年 – 辻静雄、料理研究家(+ 1993年)
  • 1933年 – エマニュエル・ウンガロ、ファッションデザイナー
  • 1933年 – キム・ノヴァク、女優
  • 1937年 – 小林千登勢、女優(+ 2003年)
  • 1937年 – 二宮寛、サッカー選手、指導者
  • 1938年 – オリヴァー・リード、俳優(+ 1999年)
  • 1938年 – 種茂雅之、プロ野球選手
  • 1941年 – ジグマー・ポルケ、画家(+ 2010年)
  • 1941年 – ボー・スヴェンソン、俳優
  • 1942年 – グレート草津、プロレスラー(+ 2008年)
  • 1943年 – 森本レオ、俳優
  • 1944年 – ストッカード・チャニング、女優
  • 1944年 – 井手峻、プロ野球選手
  • 1946年 – 児玉好弘、プロ野球選手
  • 1947年 – 岩井克人、経済学者
  • 1947年 – タチアナ・タラソワ、フィギュアスケート選手、指導者
  • 1948年 – 服部敏和、プロ野球選手
  • 1949年 – 南こうせつ、シンガーソングライター
  • 1949年 – 川田悦子、政治家
  • 1949年 – 佐藤B作、コメディアン、タレント
  • 1950年 – 竹宮惠子、漫画家
  • 1950年 – 島田洋八、タレント
  • 1950年 – ピーター・ガブリエル、ミュージシャン
  • 1950年 – エヴァ・オーリン、女優
  • 1952年 – 松本芳之、プロ野球選手
  • 1952年 – 伊藤早苗、物理学者
  • 1953年 – 栗本薫(中島梓)、SF作家、評論家(+ 2009年)
  • 1955年 – 矢野顕子、ミュージシャン
  • 1956年 – 太刀掛秀子、漫画家
  • 1956年 – 高見裕一、政治家
  • 1956年 – ピーター・フック、ミュージシャン(ジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダー)
  • 1959年 – わかぎえふ、演出家
  • 1959年 – 山本百合子、声優
  • 1960年 – ピエルルイジ・コッリーナ、サッカー審判、投資アドバイザー
  • 1961年 – 青島利幸、放送作家、脚本家、作詞家(+ 2017年)
  • 1963年 – 仲道郁代、ピアニスト
  • 1963年 – 深水黎一郎、小説家
  • 1964年 – 出川哲朗、タレント
  • 1964年 – 宮本和知、元プロ野球選手、タレント
  • 1964年 – 黒氏康博、アナウンサー
  • 1964年 – 山塚アイ、ミュージシャン(BOREDOMS)
  • 1964年 – 武野一起、テレビプロデューサー
  • 1965年 – ヒロミ、タレント
  • 1965年 – 南原清隆、お笑いコンビ、タレント(ウッチャンナンチャン)
  • 1965年 – 優希比呂、声優
  • 1967年 – 生田智子、タレント
  • 1967年 – 岡田忠之、オートバイレーサー
  • 1967年 – ランディ・マッスル、タレント
  • 1968年 – 秋山美紀、社会学者、元アナウンサー
  • 1968年 – 岡田達也、俳優
  • 1968年 – ケリー・フー、女優
  • 1969年 – オーランド・ミラー、元メジャーリーガー
  • 1971年 – 湯沢薫(湯沢京)、美術家、ファッションモデル
  • 1971年 – 今井トゥーンズ、イラストレーター
  • 1973年 – 松野有里巳、女優、歌手
  • 1974年 – ロビー・ウィリアムズ、ポップシンガー
  • 1974年 – 村越祐民、政治家
  • 1974年 – ハリウッドザコシショウ、お笑い芸人
  • 1976年 – 大村直之、プロ野球選手
  • 1976年 – 真木将樹、元プロ野球選手
  • 1976年 – 西岡孝洋、アナウンサー
  • 1976年 – 仲西環、声優、女優
  • 1977年 – ランディ・モス、アメリカンフットボール選手
  • 1978年 – フィリップ・ジャルスキー、カウンターテナー歌手
  • 1979年 – ラファエル・マルケス、サッカー選手
  • 1979年 – ミーナ・スヴァーリ、女優
  • 1980年 – セバスティアン・ケール、サッカー選手
  • 1980年 – ノマアキコ、ミュージシャン(GO!GO!7188)
  • 1980年 – 広橋佳以、女優、タレント
  • 1981年 – 藤ヶ谷陽介、サッカー選手
  • 1981年 – 鍋井まき子、声優
  • 1982年 – 阿部力、俳優
  • 1982年 – 奥田みわ、歌手
  • 1982年 – 野間れい、グラビアアイドル、女優
  • 1983年 – 飛永翼、お笑いタレント(ラバーガール)
  • 1983年 – 栗山絵美、女優、モデル
  • 1984年 – 池端忍、モデル
  • 1984年 – 美名、声優
  • 1984年 – 芦沢央、作家
  • 1985年 – 小野愛、元グラビアアイドル、タレント
  • 1985年 – 佐野真彩、タレント
  • 1985年 – ローガン・オンドルーセック、プロ野球選手
  • 1987年 – エルイェロ・エリア、サッカー選手
  • 1988年 – ライアン・ゴインズ、メジャーリーガー
  • 1988年 – 森なな子(冴輝ちはや)、声優、女優
  • 1989年 – 加島ちかえ、女優、タレント
  • 1990年 – 加藤諒、俳優、タレント
  • 1990年 – ネイサン・イオバルディ、メジャーリーガー
  • 1990年 – ママドゥ・サコー、サッカー選手
  • 1990年 – ケヴィン・ストロートマン、サッカー選手
  • 1990年 – ギェンツェン・ノルブ、僧侶
  • 1991年 – 伊勢みはと、グラビアアイドル
  • 1993年 – 有村架純、女優、タレント
  • 1994年 – メンフィス・デパイ、サッカー選手
  • 1995年 – 小池彩夢、女優
  • 1996年 – 中川愛理沙、ファッションモデル
  • 2002年 – ソフィア・リリス、女優
  • 2009年 – 外川燎、子役
  • 生年不明 – 川田まみ、I’ve歌手
  • 生年不明 – 名村幸太朗、声優
  • 生年不明 – 佳川紘子、声優
  • 生年不明 – 神谷けいこ、声優

※引用:Wikipedia

【花】2月13日の誕生花

エーデルワイス – 花言葉は「大切な思い出」「勇気」

2月13日の誕生花 エーデルワイス

ドイツ語で「高貴な白」という意味を持つエーデルワイスですが、「大切な思い出」という花言葉にはスイスの登山家の言い伝えが由来とされています。

ある登山家が地上に舞い降りた美しい天使に恋をしてしまいます。

かなわぬ恋に苦しんだ登山家が 「どうかその美しい姿を見る苦しみから救ってください」 と祈ると、その天使はエーデルワイスの花を残して、天に帰ったといわれます。

 

ローダンセ – 花言葉は「変わらぬ思い」「終わりのない友情」

2月13日の誕生花 ローダンセ

ローダンセの花は乾燥させてドライフラワーにしても美しい色を保つことが由来とされています。

ローダンセは2月22日2月26日の誕生花でもあります。

 

いかがでしたか?

2月13日の記念日・出来事・誕生日・誕生花などをまとめさせていただきました。

朝礼やスピーチのネタにぜひご利用ください!